【Photoshop/Lightroom】ハイライト(シャドウ)と白レベル(黒レベル)の違い

Lightroom

写真素材 PIXTA

ハイライト(シャドウ)と白レベル(黒レベル)の違い

 

ハイライト;画像の明るい部分全体
シャドウ;画像の暗い部分全体
白レベル;画像の最も明るい部分
黒レベル;画像の最も暗い部分
レタッチにおける基本補正でハイライト(シャドウ)、白レベル(黒レベル)について違いがわかりにくいかと思いますので解説します。上記にあげたヒストグラムで考えていただくと理解しやすいかもしれませんが、ハイライトは明るい部分全体、白レベルは最も明るい部分となります。同様にシャドウは暗い部分全体、黒レベルは最も暗い部分です。

 

 

ハイライト(シャドウ)、白レベル(黒レベル)のおすすめの補正方法

 

ハイライト;下げる
白レベル;上げる
シャドウ;上げる
黒レベル;下げる
レタッチ時のハイライト(シャドウ)、白レベル(黒レベル)の実際の補正について説明したいと思います。基本はヒストグラムを横に伸ばしダイナミックレンジを広げることで明暗差をつけていきます。
明るい部分をより明るく、暗い部分をより暗くすることでコントラストが高くなり印象的になります。その際ハイライトを上げると明部全体が明るくなり立体感が失われてしまいます(シャドウを下げた場合も同様です)。逆にハイライトを下げるとディテールが浮かんでくるようになります(シャドウを上げた場合も同様です)。海外の風景写真家ではよく使用される手法ですが、ハイライトマイナス、シャドウプラス補正してディテールを引き出したあと、白レベル、黒レベルでメリハリをつけると仕上がりがかなり変わってくると思います。上記作例でも相似的手法をとっています(白とび、黒つぶれがありますが差し支えないと考えられる範囲で調整しました)。

まとめ

 

ハイライト(シャドウ)、白レベル(黒レベル)の違いおよび補正方法を知ることでレタッチに役立てていただきたいと思います。白レベル、黒レベルはなかなか触れない方もいらっしゃるかもしれませんが実際に操作してみると直感的に理解可能ですので試してみてください。

 

タイトルとURLをコピーしました