【Photoshop/Lightroom】トーンカーブでフィルム調コントラストを再現する方法

Lightroom

写真素材 PIXTA

トーンカーブでフィルム調コントラストを再現する方法

 

フィルム写真は独特の質感があると思います。フィルターやプリセットでフィルム調に仕上げる方法もありますが、本記事ではトーンカーブを用いてフィルム調コントラストを再現したいと思います。色味の再現については決まったパターンがなく色調補正の知識も必要になるので、また機会があれば説明したいと考えています。

 

 

 

 

トーンカーブを起動する

 

 

 

Photoshop;「レイヤー」→「新規調整レイヤー」→「トーンカーブ」あるいは、画面右側パネル→「色調補正」→「トーンカーブの調整レイヤーを新規作成」
Lightroom;「現像」モジュール→「トーンカーブ」パネル

トーンカーブの調整

 

 

いきなり完成形ですが、トーンカーブはこのような設定になっています。左端のシャドウ(出力0)を持ち上げることでマットな質感になります。写真に応じて微調整していただいて構いませんが、中間調にコントロールポイントを2、3点追加し軽くS字にする(コントラストを上げる)とよりフィルムの質感に近づくかと思います。

完成画像

 

 

まとめ

 

トーンカーブを応用することでフィルム調の写真に仕上げることができます。色味の再現については難しいところがあるのですが、トーンカーブ補正だけでも雰囲気が出るかと思いますのでぜひ試してみてください。

タイトルとURLをコピーしました