【Photoshop/Lightroom】トーンカーブの使用方法

Lightroom

写真素材 PIXTA

トーンカーブとは

 

 

トーンカーブは階調(トーン)変化をグラフにしたものになります。対角線のライン形状を変化させることで写真を編集することができます。

 

トーンカーブ裏側に表示されているのはヒストグラムと呼ばれ、明暗の分布構成を示しています。

 

トーンカーブの起動方法

 

Photoshop

 

 

「レイヤー」→「新規調整レイヤー」→「トーンカーブ」

 

 

画面右側パネル→「色調補正」→「トーンカーブの調整レイヤーを新規作成」

 

起動方法は他にもあるようですが、Photoshopでは新規調整レイヤーとして起動できる上記方法がおすすめになります。

 

Lightroom

 

 

「現像」モジュール→「トーンカーブ」パネル

 

トーンカーブの基本パターン

 

Photoshopと Lightroomでは操作が少し異なりますが、トーンカーブの形状が変化するように補正すれば問題ありません。下記基本パターンを参考に実際に手を加えてみると理解しやすいと思います。

 

Point;補正は適度に抑える

 

画像全体を明るくする;ライン全体を持ち上げる

 

画像全体を暗くする;ライン全体を下げる

 

 

コントラストを上げる;S字状にする

 

 

コントラストを下げる;逆S字状にする

 

 

色調補正も可能

 

 

 

チャンネルを変更することで色味の補正も可能になります(色調補正)。

 

icon-check-circle RGB;明るさの補正

icon-check-circle レッド、グリーン、ブルー;色調補正

 

 

まとめ

 

トーンカーブをマスターすることでより繊細なレタッチが可能になります。また、Photoshopでは画像を部分的に補正する際などに使いこなせると大変便利ですので是非試してみてください。数多くチャレンジすることで身に付きやすいと思います。

タイトルとURLをコピーしました