【Photoshop/Lightroom】トーンカーブでレトロな色調に仕上げる方法

Lightroom

写真素材 PIXTA

色調補正とは

 

色調補正とは色味を補正することを指します。光の三原色であるR(レッド)、G(グリーン)、B(ブルー)を補正することで色味を変更することができます。あえて色味をつけることも可能ですし、色かぶりを除去することもできます。色調補正を理解することでレタッチの表現の幅が広がると思います。

 

 

色の関係

 

 

R(レッド)、G(グリーン)、B(ブルー)にはそれぞれ正反対の色が存在し、補色と呼ばれています。

 

R(レッド)⇄C(シアン)
G(グリーン)⇄M(マゼンタ)
B(ブルー)⇄Y(イエロー)
R(レッド)の色味を濃くすると、C(シアン)の色味が薄くなります。G(グリーン)、B(ブルー)についても同様の関係になります。補色の性質を利用することで色調補正を行うことができます。今回はB(ブルー)⇄Y(イエロー)の関係を利用してレトロな色調に仕上げていきます。

 

トーンカーブでレトロな色調に仕上げる方法

 

トーンカーブを起動する

 

 

Photoshop;「レイヤー」→「新規調整レイヤー」→「トーンカーブ」あるいは、画面右側パネル→「色調補正」→「トーンカーブの調整レイヤーを新規作成」
Lightroom;「現像」モジュール→「トーンカーブ」パネル

B(ブルー)チャンネルに変更

 

 

ハイライトを下げ、シャドウを上げる

 

 

トーンカーブのラインを持ち上げると、B(ブルー)の要素が増え、ラインを下げるとB(ブルー)の補色であるY(イエロー)の要素が増えます。

 

ハイライトをY(イエロー)寄り、シャドウをB(ブルー)寄りになるようトーンカーブを調整する

 

完成画像

 

 

まとめ

 

色調補正を施すことで、簡単に写真の色合いを変更することができます。なかでもブルーと補色であるイエローの色調を補正する方法は使いやすいと感じています。トーンカーブを調整すればO.K.ですのでぜひ試してみて頂きたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました