【Lightroom】段階フィルターの使用方法

Lightroom

写真素材 PIXTA

段階フィルターとは

 

段階フィルターは画像を部分的に補正するツールです。境界線となる直線を引いて補正をかけることができます。空や水面、地面など画像に直線がある際に有用であると思いますし、個人的には光の当たらない方向の露出を落としたりする使い方もします。

 

 

 

 

段階フィルターの使用方法

 

段階フィルターの起動

 

 

画像を選択→「現像」モジュール→上記赤枠をクリックします。

ショートカットの「M」でも段階フィルターの起動が可能です。

 

段階フィルターを起動すると専用のパネルが開きます。

 

縮小表示がおすすめ

 

 

左上ナビゲーターで画像サイズを変更できます。段階フィルターを使用する際は全体を見渡せる縮小表示が使いやすいと思います。

 

補正の境界線を追加

 

 

画像の適当なポイントをクリックしてからドラッグすると3本のラインが出てきます。中心のラインが補正の境界線で、それを挟む2本のラインの幅で境界の補正のかかり具合が決まります。ライン幅が大きいほど境界にかかる補正が自然になります。

 

角度の調整;中心のライン上にマウスのポインタをあわせて回転させる
ライン幅の調整;両端のライン上にマウスのポインタをあわせてドラッグする

補正適用範囲の確認

 

 

中心点に少しマウスを当てると、補正適用範囲が色付きで表示されます。ショートカットの「O(オー)」でも表示可能です。段階フィルター設置時に向きが正反対になってしまった場合は180°回転させて対応します。

 

段階フィルター補正パネルで補正をかける

 

 

補正パネルのパラメーターを調整することで、境界の片側にのみ補正がかかります。今回は水面に補正を適用しました。

 

効果のon/offプレビュー

 

 

補正パネル下面で効果のon/offができます。

 

段階フィルターの終了

 

 

「完了」もしくは「閉じる」で段階フィルターを終了します。

 

完成画像

 

 

まとめ

 

段階フィルターも円形フィルター同様に部分的に補正するツールであり、Lightroom上で直感的に操作可能なので使いやすいと思いますのでぜひ使用してみてください。

タイトルとURLをコピーしました