カテゴリー

【Lightroom】補正ブラシで部分的にレタッチしてみよう!

2018-02-19

Irisです。

 

以前Lightroomを用いた部分的な写真補正のテクニックとして「円形フィルター」、「段階フィルター」についての記事を書かせて頂きました。今回は部分補正のなかで、より細かく調整できる「補正ブラシ」についてお話ししていこうかと思います。

 

円形フィルターについてはこちらもどうぞ。

【レタッチテクニック】 Lightroomで写真の明るさを部分的に変えてみよう!

 

段階フィルターについてはこちらもどうぞ。

【レタッチテクニック】Lightroomで段階フィルターを使ってみよう!

 

スポンサーリンク

 

補正ブラシを使用したレタッチ

 

 

今回の作例では水の部分の青みを増やして鮮やかな印象にしてみました。円形フィルターや段階フィルターでは下の岩部分にまで補正がかかってしまいますが、補正ブラシを使用すると複雑な形状の部分にも対応できます。それではこの写真はどのようにレタッチされたのか詳しくみていくことにしましょう。

 

大まかな流れ

 

ブラシ機能を使ったことがない方は以下の点をイメージしてもらえればわかりやすいかと思います。

①選択範囲を塗りつぶす

②選択範囲に補正をかける

 

選択範囲の塗りつぶし

 

ブラシで塗りつぶすときのポイントは

・ブラシのサイズ調整と消去ブラシの使用

・選択範囲の確認(オーバーレイ表示)

となります。

 

選択範囲の補正

 

選択範囲を決定したら、その部分に補正をかけていきます。使用方法は円形フィルターや段階フィルターを同様です。選択範囲を選んだ状態で右側のパネルで自由に補正していきます。

 

今回の風景写真のように部分的に色味を変えたりもできますし、明るさを部分的に変えるのも簡単です。ポートレートなどでは肌の部分だけ明瞭度を下げたりすると肌をなめらかに見せることもできるでしょう。

 

補正ブラシの使い方

 

それでは、ここから実際の作例で確認していきたいと思います。

 

補正ブラシ使用前

 

 

こちらが補正ブラシ使用前の画像です(全体に若干の調整はしてあります)。

 

補正ブラシツール

 

 

補正ブラシツールは右上のツールストリップの中の右側にあります。こちらをクリックするとブラシで塗ることができるようになります。

 

ブラシで塗りつぶす

 

 

補正ブラシを選択すると、丸い円のようなものがでてきます。こちらがブラシなのでどんどん塗りつぶしていきましょう。今回は下の水の部分を塗りつぶしていきます。

 

 

1度クリックすると基点となるところに点のマークがつきます。さらにカーソルを合わせると赤くなりこの部分がブラシで塗られていることをあらわしています。

 

この状態でドラッグ&ドロップすると塗りの部分が増えていきます(ドラッグ&ドロップではなくクリックすると基点が増えます。あとで行う補正は基点ごとに変わるので同じ補正をかけたいところはドラッグ&ドロップで塗りつぶすようにしましょう)。

 

スポンサーリンク

 

選択範囲の確認(オーバーレイ表示)

 

 

どんどん塗りつぶしていくと、どこまで塗れているのかわかりませんよね。そういうときに便利なのが上の画像のようなオーバーレイ表示です。左上メニューの「ツール→補正マスクオーバーレイ→オーバーレイを表示」で表示させることができます。ちなみにショートカットもありまして、「o(アルファベットのオー)」です。私はボタン1つで表示できるので多用しています。せっかくですので覚えてみましょう。

 

オーバーレイショートカット;「o(アルファベットのオー)」

 

ブラシのサイズ変更

 

 

細かい部分を塗っていくには、ブラシのサイズを調整します。画面右側にブラシという項目がありますね。直感的におわかりいただけるかと思いますが、サイズ、ぼかし、流量が調整できるようになっています。ここからサイズを調整してすみずみまで塗っていきましょう。間違って塗りすぎてしまっても消しゴム機能がありますのでご安心を。

 

ちなみにAとBがありますが、これは2種類のブラシを使い分けられるようです(個人的にはほとんど使いませんが)。ぼかしと流量がブラシの境目を柔らかくしたり、濃さを調整できます。

 

消去ツール

 

 

ブラシを塗っていたら岩の部分まで塗ってしまいました。そんなときは「消去ツール」で消すことができます。同じく右側のブラシのところでA、B、消去と切り替えします。消去ブラシで塗りすぎた部分を消すことで、上の画像のように水の部分だけ塗りつぶすことができました。

 

選択範囲の補正

 

 

選択範囲を塗りつぶしたら、いよいよ補正をしていきます。

今回は水の青みを出したかったので、ホワイトバランスを-100に、彩度を+50に調整しました。オーバーレイを非表示にする(もう1回「o」を押す)と補正の効果を確認しながら調整できます。また、補正の効果で余計な部分にブラシが入っていた時も実際の効果を見ながら追加で足したり、消去ブラシで消したりするとよいでしょう。

 

 

選択範囲にかかっている効果のON、OFFも確認できます。少し小さくてわかりにくいですが、赤枠のところをクリックすると補正のON、OFFをプレビューできるようになります。

 

また、慣れてくると基点を増やしていろいろな部分ごとに補正をかけることができます。基点を増やすときは補正ブラシを選択してクリックです。別の基点を補正したいときは基点をクリックすると可能になります。

 

ここまでの補正で問題なければ画像右下の完了をクリックで通常の全体編集の画面に戻ります。

 

まとめ

 

・ブラシツールで部分的に補正できる

・サイズ調整や消去ツールの使用を

・オーバーレイ表示が便利

 

今回はLightroomでのブラシツールを用いた部分補正についてお話ししました。部分的に補正することで画像にメリハリが出てより綺麗になりますのでぜひチャレンジしてくださいね。

 

円形フィルターについてはこちらもどうぞ。

【レタッチテクニック】 Lightroomで写真の明るさを部分的に変えてみよう!

 

段階フィルターについてはこちらもどうぞ。

【レタッチテクニック】Lightroomで段階フィルターを使ってみよう!

 

スポンサーリンク