カテゴリー

【Photoshop】Photoshopで消しゴムツールを使用して簡単に合成写真を作成しよう!

2018-02-19

Irisです。

 

今回はPhotoshopでのテクニックをご紹介していきましょう。Photoshopでは高度な画像編集が出来るソフトとして有名ですが、その機能の1つとして、「合成」があげられます。

 

今回は画像合成するうえでの最も簡単な方法についてご説明していきます。単純作業ですが、考え方としてはわかりやすいかと思いますのでまずはこの方法でチャレンジしてみるとよいでしょう。

 

また、合成はしないという方でもPhotoshopの基本的な考え方も身につくかと思いますのでぜひ試していただけるとうれしいです。

 

スポンサーリンク

 

画像合成の考え方

 

Photoshopではレイヤーとよばれる機能があります。レイヤーを用いることで、1つのファイルにいくつもの画像を配置することができます。また、画像の順番を変えることもできます。このレイヤー機能を使うことで画像の合成が可能になるのです。画像の合成ができるのはPhotoshopの大きな強みといえるでしょう。

 

合成の手順

 

それでは簡単な合成の手順を大まかに3ステップに分けてみましょう。

 

①元画像を用意

 

②背景画像を用意

 

③消しゴムツールの使用

 

元画像を用意

 

まずはメインになる画像を用意しましょう。レイヤーの順番としては1番上にくるようにします。

 

背景画像を用意

 

次に、背景となる画像を用意します。レイヤーの順番としては、1番下にくるようにします。

 

消しゴムツールの使用

 

画像を2枚並べただけではまだ合成画像にはなっていませんよね。ここでメインとなる画像から不要な部分を消すことで背景が現れ画像の合成をすることができます。

 

実際の合成手順

 

 

 

今回は人物画像の黒い部分を消して背景がカラフルになるように合成していきます。

 

2枚の画像をPhotoshopで開く

 

<方法①>

 

 

画面左上のメニュー→ファイル→スクリプト→ファイルをレイヤーとして読み込み→参照で複数ファイルを選択します。

 

 

これで2枚の画像を1つのファイルとして開くことができました。

 

<方法②>

 

 

こちらはシンプルな方法です。まずは背景となる画像を開きます。

 

 

次にメインとなる画像を開きます。メニュー→ファイル→開くで開くことができます。

 

ショートカット;command+O(Ctrl+O)

 

次に、メインとなる画像を選択します。メニュー→選択範囲→全てを選択で選択できます。

 

ショートカット;command+A(Ctrl+A)

 

全選択したら、コピーします。

 

ショートカット;command+C(Ctrl+C)

 

コピーしたら背景画像に戻り、メインとなる画像を貼り付けます(ペースト)。

 

ショートカット;command+V(Ctrl+V)

 

全選択、コピー、ペーストはPhotoshopだけでなく他の操作にも使えますので覚えておきましょう。

 

 

方法①とやり方は異なりますが、同じく2枚の画像を1つのファイルとして開くことができました。

 

レイヤーとは

 

スポンサーリンク

レイヤーとは「層」を意味しています。Photoshopでは画像を複数枚レイヤーとして配置することができます。レイヤーの順序を入れ替えることで最終的な画像の見え方を変えることができるので画像の合成だけでなく、写真の一部分に編集したりする場合にも有用です。またレイヤーは不透明度を調整できるのでより細かな表現が可能になります。

 

レイヤーの順序を入れ替える

 

レイヤーは層になっていますが、画像の配置の順番を変えると見え方が違ってきます。今回はメインの画像を上に配置していきます。

 

 

先ほど2枚の画像をレイヤーとして開く方法をお伝えしました。画像を開いたあと、思った順序と異なる場合があります。そのような場合はレイヤーの順序を変更してみましょう。やり方は簡単で、右下のレイヤーを選択(この場合は背景となるカラフルな画像)して下にドラッグ&ドロップします。

 

注意点として、上の状態だとメインの画像が背景という名前になっていて、鍵マークがついていますね。このままだとレイヤーの順序を入れ替えられないので背景のロックを外します。方法は何種類かあるのですが、右側の鍵マークをクリックすると背景→レイヤー0となりロックが外れます。

 

 

背景のロックを外したらカラフルな画像のレイヤーを下にドラッグ&ドロップするとレイヤーの順序を変えることができます。

 

 

長々と説明してしまいましたが、これで下準備は完了です。補足ですが、レイヤーの名称をダブルクリックすると好きな名前に変更することができます。

 

消しゴムツールの使用

 

それでは早速消しゴムツールを使って合成写真を作っていきましょう。

 

 

まずはメインとなる画像をアクティブにします。ターゲットとなるレイヤーをクリックすればアクティブレイヤーになります。

 

 

消しゴムツールは赤枠のところになります。

 

 

消しゴムツールのところを右クリックもしくは長押しすると上の画像のように、「消しゴムツール」、「背景消しゴムツール」、「マジック消しゴムツール」の切り替えができるようになりますが、今回は初級テクニックですので消しゴムツールのままでO.K.です。

 

ブラシの種類、サイズの選択

 

消しゴムツールを選択した状態で画面をクリックすると画面がけされていき、透明になっていきます。この際にブラシを使用するのですが、種類やサイズの変更が可能です。

 

 

ブラシの種類とサイズは赤枠で囲ったところで調節していきます。

 

 

ブラシの種類は何種類かあるのでお好みで結構なのですが、私は完全な円のものではなくまわりが少し滑らかになっているものを多用しています。サイズについてはスライダーを動かすか、直接数字を入力することもできます。このあたりは写真によって変わってきますのでいろいろ試してみるとよいでしょう。

 

それではざっくりいっちゃいますね。

 

 

消しゴムでなぞるように塗ってみたら黒い部分が消えて背景が少し見えてきました。

 

 

この状態で右下レイヤーパネルの背景レイヤーの目のようなマークをクリックし、目のマークを非表示にするとメインの画像レイヤーのみ表示されます。消しゴムツールで消した部分が透明になっていますね。このようにレイヤー表示のオンオフを切り替えながら徐々に消していくとよいでしょう。

 

画像の拡大

 

境界線が近づいてくると画像を拡大した方が作業しやすいですね。

 

 

画像の拡大は右上のプレビューのスライダーを動かせばよいので直感的に操作できます。プレビューが表示されていない場合は「メニュー→ウインドウ→ワークスペース→写真」にチェックをつけると表示されるようになります。

 

画像の移動

 

 

画像の中心点を移動するには赤枠の「手のひらツール」を選択しドラッグ&ドロップします。もしくは「スペースキーを押しながらドラッグ&ドロップ」でも可能です。操作しやすい位置に移動しながら使用してみましょう。

 

境界線は慎重に

 

 

境界線が近づいてきたら画像を大きく拡大してブラシサイズを小さくして丁寧に消していきます。

 

ブラシの不透明度も調整しよう

 

 

境界線ぎりぎりのところでは、ブラシの不透明を下げていくとより自然な感じで合成できるようになりますので画像を見ながら調整しててくださいね。

 

消しすぎてしまったらヒストリー機能を使おう

 

 

消していると、思わず消しすぎてしまった、ということもありますね。そういう時はヒストリー機能で戻ることができます。

 

 

右上のプレビュー画像脇のところで今まで行った操作が記録されているヒストリー画面を開くことができます。表示されない場合は「メニュー→ウインドウ→ヒストリー」にチェックを入れてみてください。

 

 

ヒストリー機能で1つ前の操作に戻したら消しすぎてしまった部分が復活しました。何段階か戻ることもできますので間違ったらヒストリー機能で戻ってみましょう。

 

合成画像の完成

 

 

完成画像がこちらです。消しゴムツールを使うことで2枚の画像から合成写真を作ることができました。

 

まとめ

 

①元画像を用意

②背景画像を用意

②消しゴムツールの使用

 

Photoshopははじめたばかりだとツールがたくさんあってとっつきにくい印象もあるかと思いますので文章が長くなってしまいましたが少し丁寧に説明してみました。

 

まずはPhotoshopに慣れることで上達するかと思いますのでぜひチャレンジしてみてくださいね。

 

次回は「レイヤーマスク」を使用した画像の合成を記事にしたいと思います。

 

スポンサーリンク