Category

【レタッチテクニック】 かすみの除去で写真をクリアにする

2018-02-19

Irisです。

今回も簡単にできるレタッチテクニックをご紹介していきましょう。写真のレタッチにおいてクリア感が出せればより印象的な雰囲気に
することができます。今回は「かすみの除去」というパラメーターを用いて写真をクリアにしていきます。

 

スポンサーリンク

 

かすんだ写真をクリアにするテクニックが、今回お話しする「かすみの除去」です。くもりなどで写真がもやっとしてしまった場合などにも有効でしょう。操作はとても簡単ですのでぜひ使ってみてくださいね。

 

かすみの除去とは

 

かすみの除去はLightroomCC、PhotoshopCCから使えるようになった新機能です(Lightroomの現像機能はPhotoshopのCamera Rawフィルターと同じ機能になっています)。今までのパッケージ版では使えなかった機能が、月額料金を支払うCreative Cloudでは常に最新の機能を使えるようになっています。

 

 

それでは、実際のやり方をみていきましょう。Lightroomの補正パネルを開くと、1番下の効果パネルの中に「かすみの除去」があります。操作はとても簡単です。適用量をプラスにするだけです(PhotoshopではCamera Rawフィルターで同様に使えます)。

 

それでは、実際の作例をみてみましょう。

 

before

 

 

after

 

 

いかがでしょうか?今回は適用量を+100(最大)にしてみました(補正はかすみの除去のみです)。もとの写真は霧がかかってもやっとしていましたが「かすみの除去」を使うことで、かなりくっきりしたのがわかると思います。また、くっきりしただけでなく鮮やかさやコントラストも上がっているように感じますね。これはまさにPLフィルターのような効果だとも言えましょう。

 

やりすぎは禁物ですが、簡単操作でこれだけ写真の印象が変わるんですね。まさに風景写真などでは効果的なレタッチテクニックと言えるでしょう。場合によっては彩度が上がりすぎてしまう場合がありますがその場合は後で彩度をマイナスに調整してみましょう(色別補正だとベストです)。

 

色別補正についての記事はこちらも参考にしてみてくださいね。

【レタッチテクニック】部分的に色を残し印象的にしてみよう!

【レタッチテクニック】 使うのは色別補正だけ!人物の肌色を美しく見せよう!

 

スポンサーリンク

 

明瞭度との違い

 

写真をシャープな感じにする似たような項目として「明瞭度」があります。かすみの除去と明瞭度の違いはあるのでしょうか?

 

実際に使用してみた感じとしては、明瞭度は写真がくっきりはしますが線が太くなってしまいます。線が太いとのっぺりしたような、立体感が少ないような印象を受けてしまう場合もあります。それに対してかすみの除去は線が太くならずに済むような印象があります。また、PLフィルターのように色鮮やかに補正をかけてくれるのもメリットでしょう。

 

私個人としては明瞭度を調整することはほぼなく、かすみの除去を+20程度のレタッチをかける場合が多いでしょうか。

 

「かすみの除去」はAdobe社製品でしか使えないレタッチ手法ですが、独特の印象を与えてくれます。やはりAdobe社ならではのノウハウなどがつまっているのでしょう。値段もお得ですのでこれを機会にCreative Cloud フォトプランに移行してみるのもオススメです。

 

まとめ

 

「かすみの除去」を使用することで、まるでPLフィルターを用いたかのようなくっきりで鮮やかな写真にすることができます。LightroomCC、PhotoshopCC限定の機能ですが、フォトプランに加入している方はAdobe社ならではのレタッチ効果を実感してみてくださいね。

 

スポンサーリンク