カテゴリー

【レタッチテクニック】Lightroomで段階フィルターを使ってみよう!

2018-02-19

Irisです。

前回はLightroomでのレタッチテクニック、「円形フィルター」を用いて写真を部分的に明るくする方法をご紹介しました。今回は「円形フィルター」と関連した項目の「段階フィルター」の使い方についてご紹介したいと思います。

 

円形フィルターについてはこちらも読んでみてください。

【レタッチテクニック】 Lightroomで写真の明るさを部分的に変えてみよう!

 

例えば、風景写真で空だけ暗くしたい、明るくしたいというときはありませんか?写真を部分的にレタッチできれば、写真の仕上がりが格段に変わってきます。段階フィルターを使うことで、写真編集の幅が広がるかと思いますので是非使ってみてくださいね。

 

スポンサーリンク




 

段階フィルターとは

 

段階フィルターというと少しわかりづらいかも知れませんが、写真に線を引いてそこから上(下、あるいは横など)の部分を調整できるツールです。円形フィルターでは円の部分を選択し、その部分を補正しましたが、段階フィルターでは画面を2分割するようなイメージですね。

 

今回の作例は段階フィルターを用いて空を明るくした作例です。それではみていきましょう。

 

before

 

<画像をクリックで拡大>

 

after

 

<画像をクリックで拡大>

 

 

いかがでしょうか?段階フィルターを用いて空の部分を明るくしたことで、夜景をより華やかな印象に変えることができますね。

 

段階フィルターを使ってみよう

 

補正線の決定

 

それでは、実際の段階フィルターの使い方を説明していきます。まずは現像モジュールの上の方にあるパネルを見てください。

 

<画像をクリックで拡大>

 

使用するのはヒストグラムの下、左から4番目(右から3番目)の丸い項目です。こちらが段階フィルターと呼ばれるものになりますのでこちらをクリックします。写真上の一部をクリックしたままドラッグすると3本線が現れます。これで補正をするために必要な線を引くことができました。

 

スポンサーリンク




 

<画像をクリックで拡大>

 

段階フィルターは画面上に線を引くイメージでしたね。中央の線がメインの線になり、横の線の幅を調整することで補正の効かせ具合に変化をつけることができます。

 

線全体の位置を移動したいときは真ん中の点をドラッグします。また、円形フィルターと同じように真ん中の点にマウスのポインターを当てると、選択範囲が赤くなりわかりやすく表示されます。

 

真ん中の線上にマウスのポインターを当てることで「線の傾き」、横の線上にマウスのポインターを当てると「線の幅」を調整することができます。

 

選択範囲の補正

 

自分の調整したいところに線が引けたら、実際に線の境目から補正をかけてみましょう。

 

<画像をクリックで拡大>

 

赤い枠で囲んだところが部分補正パネルです。円形フィルターも同様の画面なのですが、通常の調整パネルと少し異なっているのがわかりますでしょうか。こちらのパネルでは露光量など通常の写真全体を補正する項目と同じような項目が揃っています。このパネル上の項目を調整することで、引いた線を境目として補正をかけることができます。

 

補正項目はたくさんあるのですが、今回は風景写真で空を明るくする例に説明していますので露光量のみ調整してみました。ホワイトバランスなどの色味なども変えることができますが、慣れてきたら徐々に試してみてくださいね。

 

デフォルトの設定では、各項目のスライダーがすでにプラスマイナスに動いているときがありますが、一旦ゼロに戻しておき、調整したい項目(今回は露光量のみ)を調整します。作例では、線の上部分を露光量+2にして、空を明るく補正しました。

 

いかがでしたでしょうか?今回はLightroomの段階フィルターの使い方についてお話ししました。写真の部分的な補正をマスターすると写真を劇的に変えることができます。段階フィルターは空だけでなく、写真を部分的に明るくしたい場合などに使えますので是非使ってみてくださいね。

 

円形フィルターについてはこちらをどうぞ。

 

【レタッチテクニック】 Lightroomで写真の明るさを部分的に変えてみよう!

 

スポンサーリンク