Category

【レタッチテクニック】トーンカーブで写真をレトロな感じにしよう!

2018-02-19

Irisです。

昔、プロのカメラマンにご一緒させて頂いて撮影する機会がありました。撮影後にお茶をしている中で、私はカメラマンの方に「どうやったらプロのようなレタッチが出来るのか?」ということを聞く機会がありました。するとそのカメラマンの方から「トーンカーブをいじればいい」という答えが返ってきました。

 

今回は、私が今まで見たHowTo本やインターネット上のサイトでもほとんど書かれていない、「トーンカーブを使って写真をレトロにする方法」についてこのブログを読んでくださっている皆さんに特別にご紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク




 

トーンカーブで色をコントロールする

 

トーンカーブとは写真の明るさを細かく調整できるツールです。通常は明るさの調整に用いますが、実はRGBの色別に調整することも可能となっています。色味を変えることで写真を映画のワンシーンのようなドラマチックに編集することも可能です。また、風景写真などでは撮影時の設定で色被りが発生することがありますが、RGBチャンネルを調整することで色被りが除去されクリアな感じを出すことも可能です。

 

RGBとは

 

RGBとは色の要素です。R(レッド)、G(グリーン)、B(ブルー)のことを表しています。それに対して、CMYKという要素もあります。C(シアン)、M(マゼンタ)、Y(イエロー)、K(ブラック)のことを表しています。よくWebサイトなどではRGBが使われ、印刷物ではCMYKが使用されています。写真の色はRGBで決まっていて、色をマスターすることで自在に色味を変えることができます。

 

RGBとCMYKの関係

 

RGBとCMYKは相対する関係になります。R(レッド)⇄C(シアン)、G(グリーン)⇄M(マゼンタ)、B(ブルー)⇄Y(イエロー)が対比する関係になります。この関係は覚えてしまいましょう。例に挙げると、R(レッド)を増やすとG(グリーン)が減る、というような使い方をします。

 

スポンサーリンク




 

写真をレトロな感じにしてみよう

 

これらのことを踏まえて、トーンカーブを使って写真をレトロな感じにしてみましょう。使用するのは「B(ブルー)チャンネル」と「Y(イエロー)チャンネル」です。まずは作例を挙げてみます。

 

 

 

(写真はロイヤリティーフリー素材を使用しています)

<画像をクリックで拡大>

 

それでは、Lightroomでのレタッチ方法を説明していきます。

 

<画像をクリックで拡大>

 

RGBチャンネル→ブルーチャンネルへ

 

画像を開くと、トーンカーブチャンネルがRGBになっているのが分かりますでしょうか。これをブルーチャンネルに変更します。ブルーチャンネルでは、ブルーと、補色関係にあるイエローを調整します。

 

<画像をクリックで拡大>

 

ハイライトを下げ、シャドウを上げる

 

ブルーチャンネルにすると、青色の調整ができます。線を上に持ち上げると全体が青くなり、逆に下げると青の反対の黄色の要素が増えてきます。今回の写真をレトロにする方法はハイライト(線の右側)をイエロー寄りにして、シャドウ(線の左側)をブルー寄りにします。

 

まずは線上をクリックしてみてください。色々変化してくるのがわかると思います。

 

<画像をクリックで拡大>

 

最終的にはトーンカーブがこのようになります。カーブが緩やかになるようにプロットすると、写真の階調を滑らかに維持できます。写真によって調整の感じも違いますので色々いじってみてください。

 

まとめ

 

・トーンカーブを使う

・RGBチャンネル→ブルーチャンネルに変更

・ハイライトを下げ、シャドウを上げる

 

いかがでしたでしょうか?今回は写真をレトロでビンテージな感じにレタッチする方法をご紹介しました。なるべく簡潔に書いたつもりですが、わからないことがありましたら何でもご質問してくださいね。是非トーンカーブを使用して一味違った写真にしてみましょう。

 

スポンサーリンク