Category

【レタッチテクニック】Lightroomで四隅を暗くしてみよう!

2018-02-19

Irisです。

今回はレタッチテクニックについてご紹介したいと思います。みなさんは下の写真のように四隅が暗くなっているような写真を見たことがあるでしょうか?写真の四隅を暗くすることで、中央部分がより際立って印象深い写真に仕上げることが出来ます。このようなテクニックを「周辺光量補正」と言いますが、意外とテクニックについて書かれたサイトやHowTo本などにも書いていなかったりするのでこれから説明していきましょう。

 

スポンサーリンク




 

周辺光量落ちとは

 

<画像をクリックで拡大>

 

少し分かりづらいかも知れませんが、こちらが四隅を暗くした写真です。四隅を暗くすることで、写真がドラマチックな感じになっていますね。周辺光量落ちは、明るいレンズ(f値が小さいレンズ)を使って絞りを開放付近で撮影した時などでも発生します。レンズの特性にもよるのですが、四隅が暗くなることで雰囲気がある写真になります。今回はLightroomを用いたレタッチで四隅を暗くする方法を説明していきます。

 

Lightroomの基本的な使い方についてはこちらをどうぞ。

 

マスターして画像をぐっと綺麗にしよう!Lightroomの基本的な使い方

 

スポンサーリンク




 

Lightroomで周辺光量補正してみよう

 

それでは、実際にLightroomでのレタッチをみていきましょう。

 

こちらが元画像です。

 

<画像をクリックで拡大>

 

四隅を暗くするには、調整パネルの一番下の方にある効果パネルの「切り抜き後の周辺光量補正」という項目を用います。

 

<画像をクリックで拡大>

 

操作自体はとても簡単です。スタイルのハイライト優先というところの適用量を下げます。実際に下げてみるとこのようになります。

 

<画像をクリックで拡大>

 

いかがでしょうか、先ほどの写真と比べて四隅が暗くなっているのお分かり頂けますでしょうか?このように、適用量のスライダーを下げることで、簡単に四隅を暗くすることができます。

 

しかし、このままだと、中心部が楕円形のように不自然になる場合がありますので、そのような場合に下にある中心点、丸み、ぼかしスライダーを用います(ハイライトというスライダーは四隅の暗さにあまり関係ありませんので今回は使用しません)。

 

中心点のスライダーは暗い部分の大きさを調整できます。こちらはマイナス側にすることで、暗い部分を多めにすることができます。丸みのスライダーはその名の通り、適用量のみ調整して中心部が楕円形になってしまったものを調整する項目です。丸みのスライダーをプラス側にすると、楕円形だった中心部が正円に近付いていきます。ぼかしのスライダーは暗くした部分とそうでない部分の境界をぼかしてくれる機能です。ぼかしのスライダーをプラスにすると、より自然な周辺光量落ちを作ることができます。

 

いずれの項目も調整自体は簡単ですので、実際の写真を見ながら調整してみるとよいでしょう。周辺光量補正をすることで最終的には下のようになり、完成となりました。

 

<画像をクリックで拡大>

 

ちなみに、Lightroomでの部分補正やPhotoshopを用いると、より高度な周辺光量補正ができますが、また別の機会にお話ししたいと思います。

 

今回は四隅を暗くして雰囲気がある写真にする周辺光量補正についてお話ししました。いかがでしたでしょうか?やり方はとても簡単でしたね。たったこれだけで一味違った写真にできるのでぜひ使ってみてくださいね。

 

スポンサーリンク