Category

【Lightroom凄技】明暗別色補正を使って写真をドラマチックにしよう!

2018-02-19

Irisです。

今回もLightroomでのレタッチテクニックについてお話ししたいと思います。写真は撮って出しでももちろん綺麗なものですが、加工を加えることでより印象的にすることが出来ます。その中でも写真に色を加えることで、自分の世界観などを表現しさらに綺麗なものとする手法について説明していきたいと思います。

 

Lightroomの基本的な使い方はこちらをどうぞ。

 

マスターして画像をぐっと綺麗にしよう!Lightroomの基本的な使い方

 

スポンサーリンク




 

Lightroomはとても奥が深いものですが、使いこなすことが出来れば簡単に写真を印象的なものにすることが出来るでしょう。明暗別色補正もその中の1つのテクニックです。操作自体はとても簡単ですので是非マスターして一味違ったドラマチックな写真にしてみましょう。

それでは、明暗別色補正について説明していきますね。

 

明暗別色補正とは?

 

そもそも明暗別色補正という言葉ですが、あまり聞きなれない言葉かも知れません。名前の通り明るい部分(ハイライト)と暗い部分(シャドウ)の色について個別に補正することができます。

 

Lightroomの現像基本項目ですと下の方にありますので使ったことがないという方も多いでしょう(Lightroomの基本的な使い方については→マスターして画像をぐっと綺麗にしよう!Lightroomの基本的な使い方)。

 

 

Lightroomの現像画面だと下の方にありますね。もし出てこない場合は調整パネルがたたまれている場合もありますので「明暗別色補正」という項目を探して、右側の三角のボタンを押してみてください。

 

さて、明暗別色補正ですが、簡単に言うと写真の明るい部分、暗い部分それぞれに色を加えることが出来る機能といったところでしょうか。例えば夕焼けの写真にオレンジ系のカラーを加えることでより印象的な写真に仕上げることが出来ます。夕焼けの写真で言えば、ホワイトバランスを調整することでより夕焼けらしくすることも出来ますが、明暗別色補正を使うと一味違った感じに仕上がることでしょう。

 

明暗別色補正の使い方

 

それでは実際の使い方です。使い方自体は直感的に使えると思いますのでそんなに難しくはありません。先程の調整パネルを見てください。ハイライトは画像の明るい部分、シャドウは画像の暗い部分です。それぞれの項目を調整することで色を加えていってあげる訳です。

 

まずは彩度の調整からです。初期設定だと彩度がゼロになっていますので徐々に上げていきます。そうすると画像のハイライトなりシャドウに色が付いてきたと思います。後は色相スライダーを自分の好みの色になるまでいじってあげると完成となります。たったコレだけ、操作自体はとても簡単ですよね。数ステップで写真のイメージをガラリと変えることが出来るので、使ったことがないという方はもったいないくらいです。

 

今回はドラマチックな写真にするための手法、「明暗別色補正」についてお話ししましたが、いかがだったでしょうか?操作自体は簡単かと思いますので是非積極的に調整してみて、自分の色を加えていってみてくださいね。

 

スポンサーリンク