Category

【撮影テクニック】撮影モードを理解して思い通りの写真を撮ろう!

2018-02-19

Irisです。

 

今回は基本的なカメラの使い方である「撮影モード(露出モード)」についてお話していきましょう。一眼レフだけでなく、ミラーレスカメラや、一部のコンデジでも使える内容となっていますのでまだ始めたばかりでこれからステップアップしたい方などは是非参考にしてみてくださいね。

 

スポンサーリンク

撮影モード(露出モード)とは

 

 

一眼レフやミラーレスについているモードダイヤルには「AUTO」や「SCENE」、「P、S、A、M」というものが書いてありますよね(Canonでは「P、Tv、Av、M」となっています)。AUTOモードが自動で撮影に関する設定を行ってくれるモードというのはなんとなくわかるかと思いますが、それ以外に関しては説明書を読んでみても難しかったり、使い分けがよくわからないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

結論からいうと、撮影モードは「写真の明るさをコントロールするためのモード」と捉えることができます。加えていうと、撮影モードを使い分けることによって明るさだけでなくボケ具合などの写真の出来上がりもコントロールすることができます。特に一眼レフのファインダーを用いた撮影では実際の写真の明るさがわかりづらいので、明るさをカメラが自動で決めてくれれば大変便利でしょう。

 

写真の明るさを決める要素としては、「絞り値(F値)、シャッタースピード、ISO感度」があります。撮影モードではこのうち絞り値(F値)、シャッタースピードをカメラ任せにするか、自分で決定するかを選択できるようになっています。

 

例えば、AUTOモードでは全自動となっているため絞り値(F値)、シャッタースピードは完全なカメラ任せになります。Mモードではフルマニュアルとなり撮影者が絞り値(F値)、シャッタースピードを決めることになります。

 

撮影モードは写真の明るさをコントロールするためのモードでしたね。AUTOモードではカメラ任せになるため、写真の明るさで失敗することはほぼありません。対してMモードでは撮影者が絞り値(F値)、シャッタースピードをコントロールするため、設定次第では写真が明るくなりすぎたり、暗くなりすぎたりする可能性があります。その代わり絞り値(F値)、シャッタースピードを調整することで、出来上がりの写真の表現に幅を持たせることができるという訳なのです。

 

簡単な表にしてみました。

 

 

次ページに続きます。

 

スポンサーリンク