Category

PCのメモリを増設して動作を軽くする

2018-03-18

Irisです。

 

今回はPC関連のお話です。写真を撮った後、加工することで写真が綺麗になることは以前書かせて頂きました。写真を現像する際に自宅のPCを使っている方もいるかと思いますが、現像ソフトを使用していて動作が遅いのが気になるときも多いかも知れません。

 

最近ではクリエイター向けPCなども販売されていますが、多くの家庭用PCでは使っているうちに写真や動画、音楽などのデータがたまっていったりすることで、動作がどんどん遅くなってしまいます。動作が重くなってしまってもPCの買い替えまでは検討しない方がほとんどでしょう。そんな時にわずか2000円程〜で5分もかからずにPCの処理速度を向上させることのできるメモリ増設についてお話していきます。

 




 

メモリとは

 

 

 

メモリは仕事でいうと作業スペースとなる机の広さによく例えられます。机が狭いと仕事が捗らないですよね。でも机が広かったらPC、携帯、ノート、書籍にコーヒーなどいろいろ置けて、かつ自分の使いたいものがすぐに見つけられるので仕事がはかどります。本物のPCも同じように、メモリの容量が大きい程処理が速くなるのでPCの動作も軽くなります。

 

大抵のPCは裏側にメモリが挿さっているのですが、スロットがいくつかあります。こちらにメモリを追加で挿すことで作業スペースである机を広げてあげる、ということになるんですね。この作業をメモリ増設と呼んでいます。

 

よほど古いPCでなければメモリは簡単に増設可能なものが多いです。メモリを増設することでパフォーマンスの向上が期待できます。

 

現在のメモリ使用量を確認する

 

 

まずは、現在のメモリの使用量を確認してみましょう。Windowsでは[Ctl]+[Alt]+[Del]を押して、タスクマネージャを起動します。Macではアクティビティモニタ→メモリから確認できます。そうすると現在搭載されているメモリの量とメモリ使用率が出てくるかと思います。注意点として、実際にPhotoshopやLightroomを起動した状態でどれくらいの負荷がかかっているのか確認するようにしてください。メモリ使用率が100%近くいっているようであれば、メモリ不足の可能性があります。PhotoshopやLightroomを快適に使用するには少なくとも4〜8GBはあった方がいいでしょう(ちなみに私はiMac Retina 5Kを使っていますが、メモリは24GBに増設しています)。

 




 

メモリを手に入れる方法

 

 

それでは、実際にメモリ増設についてですが、増設するメモリはAmazonなどインターネットなどで2000円くらいから買うことが出来ます。メーカーが何種類かあるのですが、「BUFFALO」か「I-O DATA」のものを選んでおけば間違いないでしょう。

 

ただし、PCの機種によって型番が違うので、「BUFFALO」や「I-O DATA」の公式サイトで確認してから購入するようにしてください。型番はPCの裏側に機種名が書いてあるのでそちらを参考にしてください。また、PCによっては搭載できる最大メモリ量が決まっていますのでご注意ください。

 

オンラインで買うのが不安な場合は大型の家電量販店やPCショップなど店頭でも購入可能です。この場合も同様にご自身のPCの型番を用意しておくようにしてください。

 

また、最近のPCは購入時にメモリ容量を選択できる場合があります。迷ったら大きいメモリ容量のモデルを選択した方がいいと言われています。

 

メモリを増設する

 

 

(※実際の作業は自己責任で行ってください。当サイトでは一切責任は負いません。)

(また、メモリ増設による効果の違いは状況によって異なりますので必ずしも処理速度の向上を保証するものではありません。)

 

これから実際にメモリの交換の説明をします。必要なものはドライバー1本だけとなります。順調に行けば5分もかからないでしょう。増設方法ですが、まず初めに精密機器のため静電気に注意します。電源を落とし、コンセントも抜きます。準備が出来たらPC裏側にカバーが付いていますのでドライバーで開けます。メモリを挿せるスロットが見つかったら、斜めに挿します。挿さるようにしか挿さりませんので無理に挿入しないようにしてください。うまく挿さったらやさしく寝かせるとロックがかかりますのでカバーを元に戻して完了です。不安な方はPCショップなどで作業してくれるお店もありますので相談してみてください。

 

作業が完了したら電源を入れてみて、メモリ容量の確認と同様に[Ctl]+[Alt]+[Del]でタスクマネージャを起動します。容量が増えていたら無事完了です。

 

メモリ増設について、BUFFALO 公式サイトが参考になります。

 

メモリを増設すると動作が軽くなって快適になる場合が多いです(状況によっても異なります)。値段も安く、簡単に自分で出来ますのでチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

 

PCによっては最大搭載メモリが8GBくらいまでしか搭載できないものもあります。最大量までメモリを増設しても動作が重い場合はPCの買い替えを検討してもよいかも知れません。

 

PCを買うならMacがオススメ!Macにしてよかったこと5選。

 

 

まとめ

 

メモリを増設することで、PCを買い替えることなく処理速度を向上させることができます。PhotoshopやLightroomなどを多用するレタッチでは効果が高い場合も多いです。静電気にさえ注意すればメモリ増設はとても簡単なので是非チャレンジしてみてください。

 




PC, 写真全般, 機材

Posted by Iris