Category

マスターして画像をぐっと綺麗にしよう!Lightroomの基本的な使い方

2018-02-19

Irisです。

今回はLightroomの基本的な使い方(現像方法)についてのお話をします。項目はいくつかありますが、使い方を覚えるだけで、ぐっといい写真に生まれ変わりますよ。是非マスターして周りから写真が上手い人、と言われるようになりましょう。

 

まずは、Lightroomでの画像の管理の流れについて少しお話しします。

 

スポンサーリンク




 

Lightroomでの画像管理

Lightroomがとても高機能な写真編集ソフトであることはこちらでお話ししました。Lightroomでは写真の編集を「現像」と呼びますが、現像して写真を保存、完成させるまでに流れがありますので少し説明していきましょう。

①写真の読み込み

②写真の現像

③写真の書き出し

①写真の読み込みですが、画像を編集するにはLightroomに写真を取り込む作業を行う必要があります。この作業をLightroomでは読み込みと呼んでいます。読み込んだ画像は「カタログ」として管理出来るようになるので後から見返す時も大変便利でしょう。

②写真の現像ですが、現像が写真編集のメイン作業です。フリーソフトとは比べものにならないくらい高機能なので、是非使いこなして一味違った写真に変化させましょう。

③写真の書き出しは、写真を保存する作業、と置き換えてもらっても結構です。Lightroomでは、非破壊編集と言って、元の画像を残したまま新しい画像を保存出来るので、万が一失敗してしまった場合も安心です。保存する際には保存場所や、画像のサイズなど自由に設定出来ます。

 

Lightroomでは上記のような管理をすることになりますが、今回は基本的な現像についてお話ししていきます。

 

Lightroomでの現像方法

まずは、画像を読み込んで、編集したい画像を開きます。

こちらが、実際に画像を開いた画面ですね。

画面左側が、画像の拡大・縮小やプリセットなどを変更する画面です。

画面中央が選択した画像です。ちなみに、モニターのサイズが大きい程写真を大きなサイズで確認することが出来るので、モニターにもこだわりたいところです。

画面右側ですが、こちらに編集するパラメーターが並んでいます。慣れるまでは、少し見づらいかも知れませんが、こちらを利用して写真に手を加えていきます。基本的には上から順番に作業を行なっていく形ですので慣れてしまえばスムーズに加工すること出来るようになります。

 

それでは、各々の項目について説明していきましょう。

 

ヒストグラム

こちらが、ヒストグラムと呼ばれるものです。

画像の左側が暗い部分、右側が明るい部分がどれくらい占めているか、を表しています。こちらは元の画像や、編集後の画像の明るさを確認する、といった使い方になります。画面左側や右側に偏りすぎていると、画像が暗すぎたり、明るすぎたりということになりますのでその際は下記の項目で調整するような形になります。

 

部分補正

画像の一部分を修正出来る機能が集まったパネルです。一番左側がトリミング、傾きを調整出来る項目となっています。簡単に調整出来るので、使ってみると良いでしょう。トリミングの注意点として、画像の縦横比は慣れない間は固定しておいた方がいいかも知れません。トリミングの右側からの項目は画像の一部分を選択し、修正出来る機能ですが、少し難しいかも知れませんので、書く機会があれば説明しようかと思います。

 

基本補正

メインの基本補正です。少し変更を加えるだけでかなり印象が変わりますので積極的に使って見ましょう。重要な項目ですので各パラメーターについて少し補足します。

・露光量;写真の明るさです。暗すぎたり、明るすぎたりといった時に簡単に修正することが出来ます。やりすぎは禁物ですが、自分のイメージに近づけるよう上手く調整して見ましょう。

・コントラスト;写真の濃淡の調整パラメーターです。マイナスにすると淡く、プラスにすると色がくっきりしたような印象になります。

・ハイライト;画像の明るい部分の調整パラメーターです。露光量は写真全体の明るさを調整しますが、ハイライトは明るい部分のみ調整出来るので空だけ明るくなってしまったとき、などに重宝するでしょう。

・シャドウ;画像の暗い部分の調整パラメーターです。ハイライトと逆で、暗い部分のみ調整することが出来ます。

・白レベル、黒レベル;写真の最も明るい部分(最も暗い部分)の調整に用います。理解するまでは少し難しいかも知れませんので多くはハイライト、シャドウで済ませると良いかと思います。

・明瞭度;プラス側で画像をくっきりに、マイナス側で画像を透明感が溢れるように加工出来ます。明瞭度はLightroomならではの機能とも言えますので是非使って見てください。やりすぎは不自然になりますのでご注意を。

・自然な彩度、彩度;色の鮮やかさを変更することが出来ます。自然な彩度と彩度の違いは、彩度は全体を色鮮やかにするのに対し、自然な彩度は人肌などはそのままに、それ以外を色鮮やかにしてくれますのでその名の通り比較的自然に加工することが可能なのです。

 

スポンサーリンク




トーンカーブ

上級者向け調整パネルです。ヒストグラムを見ながら、より細かく調整出来ます。使いこなせば、印象的な写真にすることも可能ですが、また別の機会に書きたいと思います。

 

色別補正

基本補正の彩度とは別に、色ごとに調整出来ます。彩度で全体を加工すると少し重い感じになってしまいますが、色別に調整するとすっきりするでしょう。私がよく使うのはオレンジの彩度を抜き、人肌を綺麗にしたり、緑をより鮮やかに、といったような使い方をしています。

 

明暗別色補正

こちらもやや上級者向けです。画像のハイライト部分、シャドウ部分に色を加えることが出来ます。例えば、夕焼け空の写真をより赤く、などという使い方が出来るでしょう。

 

レンズ補正

撮影した画像には、カメラやレンズの情報が入っています。LightroomはAdobe社の製品ですが、最新版を使用することで、多くのレンズ情報が登録されていて、自動でそのレンズの特性に合わせて修正してくれますので大変有用です。レンズの味を残したい場合などはあえてレンズ補正を使用しない、という選択肢もあります。

 

変形

画像の変形に用いるようですが、トリミング、傾きである程度修正出来ますのであまり使用しないかも知れません。各調整パラメーターは使用しない場合は折りたたむことが出来るので、私は折りたたんでしまっています。

 

効果

画像の周辺を暗くしたり、画像をくっきり加工することが出来ます。よく四隅が暗くなっていて、なんだか味のある写真ってありますよね。ハイライト優先というところの適用量をマイナスにすると四隅を暗くすることが出来るので、使ってみると楽しいですね。様子を見ながら調整してみてください。かすみの除去、という機能は最近追加された機能で、画像をくっきりすることが出来ます。遠くがもやがかかってしまったような時に大変便利なので私も重宝しています。

 

カメラキャリブレーション

こちらもAdobe社の情報を基に、カメラの補正もしてくれる機能ですが、最近のカメラは性能が良くなっていますので、どうしてもでなければ使用しなくても良いでしょう。

 

今回はLightroom現像の基本的要素について書かせて頂きました。まずは基本補正からになるとは思いますが、是非とも使いこなしてぐっといい写真に仕上げてみてくださいね。

 

スポンサーリンク