Category

【Lightroom】露光量で写真の明るさを補正する

Irisです。

 

今回はLightroomで露光量を補正する方法について説明します。すでにご存知の方も多いかも知れませんがこれからRAW現像に挑戦したい場合など参考としてみてください。

 

写真素材 PIXTA

 

 

 

露光量とは

 

露光量とは、写真の撮影時の光量を表します。露光量を上げると画像は明るくなり、露光量を下げると画像は暗くなります。カメラの設定によっては撮影した画像が思ったより明るく(暗く)なることがあります。

 

Lightroomでは画像加工を行うことができますが、露光量を補正することで撮影した画像の明るさを後からイメージ通りに仕上げることが可能です。特にRAW現像など写真のレタッチを始めてみたい方は、露光量を補正することで、レタッチとはどういうものか直感的に知ることができると思います。

 

※過度の補正は画質の劣化をまねくので注意が必要です。

 

Lightroomで露光量を補正する

 

露光量の補正方法はとても簡単で、スライダーを動かすことで直感的に操作可能となっています。

 

プラスに補正する(明るくする)

 

 

 

 

まずはLightroomで画像を開き、現像モジュールに移動します。

 

 

画面右側に基本補正パネルが存在し、その中に「露光量」スライダーがあります。

 

 

今回はプラスに補正するので、「露光量」スライダーを右側に動かし、+2.00まで引き上げました。

 

 

画像が明るくなりました。露光量スライダーを操作するだけで、イメージ通りに後から修正することができるようになります。また、Lightroomでは元画像を劣化させずに編集する(非破壊編集)のでやり直しも可能です。

 

マイナスに補正する(暗くする)

 

 

 

操作方法はプラスに補正するときと同様です。Lightroomで画像を開き、現像モジュールに移動します。

 

 

 

今回はマイナスに補正するので、「露光量」スライダーを左側に動かし、-3.00まで暗くしました。

 

 

画像を暗くすることができました。撮影した画像の明るさが思い通りにいかなかった場合、Lightroomを用いることで後から簡単に補正することが可能です。

 

まとめ

 

露光量は写真の明るさを表していて、明るさを補正することで写真の印象が大きく変わります。撮影時に明るさの設定を失敗してしまった場合、後から写真のイメージを変えたい場合など、露光量の補正は有用なので、まずは試してみるとよいでしょう。