Category

【Photoshop】グラデーションマップを使用してモノクロ画像を作成する

Irisです。

 

今回はPhotoshopでモノクロ画像を作成する際に、一味違った作品に仕上げるためのTipsをご紹介します。Photoshopさえあれば、操作自体は初心者でもとても簡単です。

 

写真素材 PIXTA

 

 

 

グラデーションマップとは

 

 

グラデーションマップとは、Photoshopでの調整レイヤーの一種です。グラデーションマップは、写真本来の色(ピクセル値)を変えずに、色のフィルターのようなものを写真に適用し、色の置き換えを行うことが可能です。そのため「グラデーションツール」とは違ってさまざまな加工をしても元の写真の状態にすぐに復元できたり、あとから何度でも調整し直したりすることができます。グラデーションマップのマップは、マッピングの略で、「割り当て」や「対応づける」という意味になります。

 

 

Photoshopでグラデーションマップを起動するとこのようになります。グラデーション左側が画像の暗い部分(シャドウ)、グラデーション右側が画像の明るい部分(ハイライト)です。グラデーションマップでは、カラー画像のシャドウ部分を黒、ハイライト部分を白に置き換える(中間調は白と黒の間)ことによりモノクロ画像を作成します。

 

グラデーションマップを使用してモノクロ画像を作成する

 

それでは実際の手順を説明していきますが、Photoshopさえあればとても簡単です。

 

画像を開く

 

 

まずはPhotoshopで対象となる画像を開きます。おさらいですが、画像を開くには左上メニューから「ファイル」→「開く」もしくはショートカットキーの「command+O(オー)(WindowsではCtrl+O(オー)」となります。

 

LightroomなどのRAW現像ソフトから連携することも可能です。Lightroom上で画像を右クリック→「Adobe Photoshopで編集」を選択して下さい。

 

描画色、背景色の設定

 

 

グラデーションマップを起動する前に、「描画色、背景色」の設定をしておくとスムーズです。ショートカットの「D」で画像のような描画色;黒、背景色;白のデフォルト状態に設定できます。

 

グラデーションマップの起動

 

 

左上メニュー→「レイヤー」→「新規調整レイヤー」→「グラデーションマップ」を選択します。

 

 

ポップアップウインドウが開きますが「OK」で先に進みます。

 

 

 

 

すると、シャドウが黒、ハイライトが白に置き換わりモノクロ画像に変換されました。

 

 

色の設定を間違えた場合は、グラデーション部分をクリックすることが再調整可能です。

 

重ねがけ、不透明度で仕上げる

 

 

コントラストを上げたい場合は2回以上グラデーションマップを重ねることでより明暗が引き締まります。同じ操作をもう1度行っても良いですし、グラデーションマップの調整レイヤーをコピーすることで重ねがけ可能です。効果が強いと感じた場合は調整レイヤーの不透明度を下げるなどして対応してみて下さい。

 

完成画像

 

 

Camera Raw フィルターやLightroomでもモノクロ画像に変換できますが、コントラストを高めてモノクロの質感を高めたい場合にグラデーションマップは有用かと思いますのでぜひ試してみて下さい。