Category

Photoshopを使ってみよう!

2018-02-19

Irisです。

今回はPhotoshopについてのお話しです。以前お話ししたAdobeフォトグラフィープランですが、Lightroomだけでなく、クリエイターなら誰でも使っていると言っても過言ではないPhotoshopも使える、という記事を書かせて頂きました。フォトグラフィープランに加入している方はこの機会にPhotoshopも使ってみてはいかがでしょうか。

 

今回は、今までLightroomを使っていた方向けに、Photoshopを初めて使う際のお話をしたいと思います。

スポンサーリンク




 

Photoshopで出来ること

まずは、Photoshopで出来ることについて説明しましょう。Photoshopは、慣れるまでは使いづらいと言われていますが、それは多くの機能があるからなのです。機能を絞ってみると、今まで使っていたLightroomの延長として考えることが出来ます。では、具体的に私がよく使う機能を中心に見ていきましょう。

①CameraRawフィルター

いわゆるLightroomでの現像と同じと考えて頂いて結構です。Lightroomで行なっていた現像をPhotoshopで行うだけで、なんかかっこいいですね。厳密に言うと色別補正など少し異なる部分もあるのですが、インターフェースはほぼ同一となっています。

②レイヤー機能

レイヤーという概念はPhotoshopならではの機能です。レイヤーとは「層」を意味していて、画像の層をベースに、新たにオレンジ色の層などを作成することが出来ます。これを上から重ねることで夕焼けのようなドラマチックな写真に変わることでしょう。また、透過度といって、少し薄くして重ねることも可能です。レイヤーも奥が深いですが、まずは使ってみてはいかがでしょうか?

 

③画像の合成

こちらもPhotoshopならではの機能です。上記のレイヤー機能を用いることになるのですが、Photoshopでは画像の一部を切り取ることが出来ます(例えば、人物だけなど)。撮影した写真から、人物などを切り抜いて層であるレイヤーを作成し、背景の写真の上に重ねるだけで簡単に合成写真が作成することが出来るんです。使ってみれば、表現の幅が広くなること間違いなしですから、是非勉強して習得してみましょう。

 

今回はPhotoshopを初めて使う方向けに、比較的チャレンジしやすい機能を挙げてみました。少しずつでいいので、徐々にPhotoshopに慣れていって、フォトジェニックな作品を作ってみましょう!

 

スポンサーリンク