Category

写りが劇的に変わる!単焦点レンズの魅力とは?

2018-02-19

Irisです。

今回は一眼レフの交換レンズのお話です。

そもそも交換レンズとは何か?一眼レフを初めて買う方は大体レンズキットというものを選ぶ場合が多いでしょう。でも実は・・・レンズを交換することで、あのプロの写真家のような、SNSで見かける綺麗な写真のような、そんなすごい写真が簡単に撮ることが出来るんです。

スポンサーリンク




交換レンズの話題の前に、レンズキットのレンズ(標準レンズ)について少しお話します。

 

標準レンズのメリット・デメリット

【メリット】

・セット価格になっているためレンズ単体で買うよりお買い得

・ズームが出来るので色々な被写体に対応できる

【デメリット】

・背景があまりボケない

・価格、使いやすさ、携帯性などのバランス重視のため画質が相応になってしまう

 

このように、標準レンズはオールマイティー型と言えます。それに対して、別売りの交換レンズは写りが劇的に変わるほどの力を持っているのです。中でも単焦点レンズと呼ばれるものは少し使いづらい点もありますが、それを上回るほどの素晴らしい写真を撮ることも可能になるのです。

別売りの交換レンズ、その中でも単焦点レンズについて、これから説明していきましょう。

 

単焦点レンズとは?

交換用のレンズは様々な種類のものが売られています。コンデジなどでもそうですが、カメラはズーム出来るものと当たり前に思っている方も多いことでしょう。しかし単焦点レンズというものは、なんとズームが出来ないんです。「それじゃ写真撮れないじゃん!」と思った方は正常な感覚かも知れません。ではどうやって撮るのかというと・・・人などを大きく写したい時は自分が近づけばいいんです。また、風景などで広い範囲を写真に収めたい、と思ったら自分が後ろに下がって撮ることで解決出来ます。ズーム出来ないということはかなり不便にも感じられますが、上にも書いた通り、素晴らしい写真を撮ることが出来るのです。

では、具体的にどのよう点が優れているのか?少しお話させて頂きます。

 

単焦点レンズのココが凄い!

単焦点レンズは、ズーム出来ない代わりに一味違った写真が撮れることはお話しましたが、どのような点が優れているのでしょうか?例えば・・・

・背景を大きくぼかすことができる

・標準レンズに比べて解像感(画像のくっきり感)が上である

このような点が真っ先に挙げられます。文章で書くとそれだけ?という気もしますが、実際に自分で単焦点レンズで写真を撮ってみるとわかります。とにかく大きくボケて、画像の鮮明感など写真の雰囲気が全然違うんです!まるで一気に写真が上手くなったような気分になります。まるで「魔力」のようですね。騙されたと思って使ってみてください、きっと感動しますから。

 

今回は単焦点レンズについてのお話でした。写真も奥が深いですね・・・。作例やオススメのレンズなどは別の記事でご紹介致します。

スポンサーリンク




写真全般

Posted by Iris