Category

【Lightroom】基本補正パネルの補正内容を理解する

Irisです。

 

Lightroomの基本的な使い方、現像編になります。Lightroomの現像モジュールでは、写真の編集を行うことができます。現像モジュールでは補正項目がたくさんありますが、メインとなる基本補正パネルについて説明していきます。

 

写真素材 PIXTA

 

 

 

基本補正パネル

 

 

基本補正パネルは現像モジュールの右側にあります。「基本補正」の名の通り、これらの項目を補正するだけで写真の印象を大きく変えることができます。

 

補正項目

 

色表現

写真をカラーで仕上げるか、白黒で仕上げるかを選択します。

 

色温度

色味を補正します。

 

色かぶり補正

グリーンとマゼンタの色のバランスを補正する項目です。

 

露光量

明るさを補正します。

 

コントラスト

明るさの部分のコントラスト(明暗の差)を補正します。

 

ハイライト

明るい部分だけを補正します。

 

シャドウ

暗い部分だけを補正します。

 

 

白レベル

もっとも明るい部分だけを補正します。

 

黒レベル

もっとも暗い部分だけを補正します。

 

明瞭度

部分的にコントラストを高めて、メリハリを与えます。

 

かすみの除去

くすみやもやを除去します。

 

自然な彩度

主に彩度の低い部分の鮮やかさを補正します。

 

彩度

全体の鮮やかさを補正します。

 

初心者におすすめの補正項目

 

露光量

コントラスト

ハイライト、シャドウ

自然な彩度

 

基本補正だけでも多くの項目があるので使いこなすのが難しいと感じる方もいるでしょう。そのような場合はこれらの項目を優先的に補正するとレタッチの効果がわかりやすいと思います。

 

まとめ

 

Lightroomでは写真の現像をするのにもさまざまな機能がありますが、まずは基本補正パネルを理解することが重要です。Lightroomの編集では非破壊編集のため何度でもやり直すことができるので、実際に触ってみながら効果の具合を覚えていくとよいでしょう。