Category

【Lightroom】カタログに写真を読み込む

Irisです。

 

今回はLightroomでの写真管理として、カタログに写真を読み込む方法を説明していきます。Lightroomに写真を取り込んでしまえば、写真の閲覧、セレクトや編集までLightroomで完結させることができます。

 

写真素材 PIXTA

 

 

 

カタログとは

 

カタログはLightroomの特徴ともいえる考え方です。Lightroomで写真を扱うには必ず、カタログに写真を読み込む必要があります。カタログとは写真のデータベースのことで、オリジナルの写真ファイルが保存されている場所や写真の情報、編集した際の情報などが記録されます。 カタログにはオリジナルの写真は保存されていませんが、画像情報が保存されておりリンクとプレビューが生成されます。

 

Lightroom での写真の編集は、直接元画像に編集を加えるのではなく、カタログに保存されている画像情報を編集することでオリジナルの写真を残したまま仮想的に写真編集を行なっています。また、動作も軽く使いやすくなっています。

 

画像読み込みの基本

 

Lightroomで写真の管理をするためにLightroom上に画像を読み込む必要があります。Lightroomに画像を読み込むとオリジナルの写真へのリンクとプレビューが作成されます。

 

 

実際の読み込みウインドウになります。見方は簡単で、左側が画像データの参照元、中央が読み込む画像の選択画面、右側が読み込んだ画像データの保存先です。

 

読み込む方法としては、

①カメラ、カードリーダーから読み込む

②HDDから読み込む

の2種類に分けられます。

 

カメラ、カードリーダーからの読み込み方法

 

カメラ(カメラカードリーダー)をコンピューターに接続する

 

カメラもしくはカードリーダーをPCに接続し、画像を読み込みます。カメラを直接PCに接続する方法はケーブルなどを使用する方法が一般的ですが、説明書をご覧ください。

 

読み込み画面の起動

 

 

画像を読み込むには、ライブラリモジュールを開いた状態で、左下の「読み込み」を選択します。

 

参照元の選択

 

 

左側に読み込む画像の候補フォルダが表示されます。上の例では、内部HDD、外部HDD、メモリーカードとなっていて、今回はメモリーカードから画像データを読み込みます。

 

表示されない写真がある場合は画面左側上部の「サブフォルダーを含める」にチェックを入れてください。

 

写真の読み込み方法

 

 

写真の読み込み方法は主に「コピー」、「移動」、「追加」があります。SDカードから読み込むとして説明します。

 

コピー;SDカードのデータをコピーしてLightroomが新しい場所に保存する(コピー&ペースト)。

移動;SDカードのデータをLightroomが新しい場所に保存したあと、SDカードのデータが消えます(カット&ペースト)。

追加;画像情報だけLightroomに取り込まれます。SDカードを挿していないと画像のリンクが切れてしまい、編集することができません。

 

読み込み時の設定はいくつかありますが、「コピー」か「移動」にしておけばLightroomが新しい場所に保存してくれるのでデータの紛失は防げるかと思います。「追加」ではSDカードのデータが消えた際に、PCにもデータが残っていないのでデータが完全に消えてしまいます。

 

読み込み写真の選択

 

 

読み込む写真を選択します。必要がないものはチェックを外して読み込まないようにすることも可能です。

 

写真の保存先を指定する

 

 

右側の保存先パネルで読み込んだ写真の整理方法を選択します。メインとなる保存先のフォルダを決め、「整理」を日付順にしておくと、Lightroomが自動でサブフォルダーを作成して画像を保存してくれるので大変便利なようです。

 

 

 

HDDからの読み込み方法

 

読み込み画面の起動

 

 

画像を読み込むには、ライブラリモジュールを開いた状態で、左下の「読み込み」を選択します。

 

参照元の選択

 

 

左側に読み込む画像の候補フォルダが表示されます。上の例では、内部HDD、外部HDD、メモリーカードとなっていて、今回はHDDから画像データを読み込みます。

 

表示されない写真がある場合は画面左側上部の「サブフォルダーを含める」にチェックを入れてください。

 

写真の読み込み方法

 

 

写真の読み込み方法は主に「コピー」、「移動」、「追加」があります。

 

コピー;元データをコピーしてLightroomが新しい場所に保存する(コピー&ペースト)。

移動;元データをLightroomが新しい場所に保存したあと、元データが消えます(カット&ペースト)。

追加;画像情報だけLightroomに取り込まれます。メディアを挿していないと画像のリンクが切れてしまい、編集することができません。

 

HDDから画像を読み込む場合は、すでにデータの移行済みかと思いますので「追加」を使用して問題ないと思います。追加の場合新たにデータを保存しないので、保存先の設定画面は現れません。

 

カタログの注意点

 

画像の移動や名前の変更はLightroom内で行う

 

 

カタログはオリジナルの画像が保持されるので大変便利なのですが、保存されているデータの場所や名前を変更すると、オリジナル画像とLightroomの画像データのリンクが切れてしまい、編集することができなくなってしまいます。変更する際はLightroom上で右クリックで行うと、元画像にも編集を加えてくれます。

 

まとめ

 

Lightroomではカタログに写真を読み込むことで写真管理ができるようになります。カタログに写真を読み込む方法をマスターしてLightroomを適切な方法で管理してみてください。

 

 

 

Lightroom

Posted by Iris