Category

【Lightroom】Lightroomでできること

Irisです。

 

今回は写真の管理・編集ソフトである「Adobe Lightroom」について説明していきます。写真の編集を行うRAW現像ソフトとしてはカメラメーカー純正のソフトもありますが、LightroomはRAW現像だけでなく「写真の管理と編集」に特化しているのが特徴といえます。有料ではありますが、スタイリッシュなインターフェース、操作のしやすさ、豊富な現像機能などが世界中のPhotographerに受け入れられています。

 

写真素材 PIXTA

 

 

それではLightroomでできることを簡単にみていきましょう。

 

写真の管理

 

 

Lightroomでは写真の編集だけでなく、管理機能も充実しています。Lightroom独自の「カタログ」機能によって、大量の写真でもまるで冊子のように直感的に閲覧、管理、編集できるようになっています。1度の撮影で数百枚撮影するような場合でもLightroomのカタログ管理であればストレスなく管理することが可能です。

 

写真の読み込みとライブラリモジュールでの管理

 

Lightroomでは写真をカタログに読み込んで使用します。写真の読み込みはカメラ本体からや、PCのHDD、SDカードなどの外部メディアから読み込むことが可能です。読み込んだ写真はカタログに表示され、「ライブラリモジュール」で写真のセレクトや検索などを行うことができます。カタログには写真の情報が記録されているので、1度画像を読み込んでしまえば、画像のプレビューも早いです。

 

写真の編集

 

 

Lightroomの「カタログ」では、元の写真に手を加えない「非破壊編集」となっているため画質の劣化を気にすることなく再編集可能となります。コピーした写真に編集を加えるので何度でもやり直しができるのがメリットです。

 

現像モジュールでの写真の補正

 

 

 

Lightroomでは画像の明るさを調整したり、画像の切り抜きや傾きの修正を簡単に行うことができます。補正はスライダーを動かすだけとなっており、直感的に操作可能です。また、オリジナルのデータが保存されているので編集前後のプレビューも表示されます。

 

各種ツールを用いた高度な補正

 

 

 

より高度な補正として、Lightroomでは画像を部分的に編集するツールが揃っています。画像を部分的に補正することで、より撮影者の意図に近いような作品に仕上げることができます。個人的には「段階フィルター」や「円形フィルター」を用いることで簡単に部分補正ができるので大変有用だと感じています。

 

多彩なプリセットで簡単に補正する

 

 

プリセットとは、特定の設定を写真に反映することができる機能で、フィルム調やセピア調などワンクリックで写真を印象的に変化させることができます。デフォルトでも豊富なプリセットがありますが、Lightroomは世界中で使われているので、多くの無料プリセットが手に入るのもGoodです。

 

まとめ

 

「Adobe Lightroom」は写真の管理・編集に特化しているソフトです。Lightroomを導入することで写真の読み込みから編集、書き出しまで1つのワークフローで完結します。また、多くのPhotographerが使っているので、先駆者から情報を得ることでさらなる使いこなしができるようになるかも知れません。本格的に写真活動をしたい場合には大変おすすめできるソフトですので是非導入してみてください。

 

 

Lightroom

Posted by Iris