Category

【レタッチテクニック】Lightroomでポートレートを印象的にする方法

Irisです。

 

今回は何気ない人物写真を映画のようにドラマチックにする方法をご紹介します。Lightroomで完結し、本格的なポートレートから家族写真まで1ステップで簡単に印象的にすることが可能になるので私も多用しています。ぜひお試しいただきたいと思います。

 

写真素材 PIXTA

 

 

 

作例

 

 

 

 

 

 

 

 

手順

 

円形フィルターの使用

 

方法はとても簡単です。Lightroomで「円形フィルター」を使用し、画像を部分的に明るくします。部分的に明るくすることにより、逆光が入ったまるで映画のワンシーンのような印象にすることができます。

 

円形フィルターについてはこちらの記事もご覧ください。

 

【レタッチテクニック】 円形フィルターで写真の明るさを部分的に変える

 

 

まずはLightroomで画像を開き、現像モジュールに移動します。

 

 

 

 

円形フィルターは現像モジュールの赤枠で囲ったところから起動します。

 

 

円形フィルターでは部分的に補正するので右側のパネルが円形フィルター用に変わります。これらのスライダーを動かすことで画像を部分的に(円形で)補正することができます。

 

 

円形フィルターでは、まずは効果をかけたい部分を選択します。中心点からドラッグしていくと円形で選択できます。正円にしたい場合は「Shiftを押しながらドラッグ」することで正円になります。

 

円形フィルターの中心点にマウスのポインターを合わせるか、キーボードの「O(オー)」で効果がかかっている部分を確認できます。デフォルトでは上の画像のように円の外側に効果がかかり赤く表示されます。

 

 

なお、円形フィルターを画像の外側からかけることも可能で、縮小表示すると便利です。円形フィルターを大きめにかけることで自然な効果が期待できます。

 

 

円形フィルターのおすすめ設定になります。

露光量を上げる

ぼかしをプラスにする

反転にチェックを入れる

 

露光量を上げることで画像に光が当たった感じになります。また、ぼかしのスライダーを動かすことで円形フィルターの境界部分を滑らかにすることができます。反転にチェックを入れるのは、デフォルトで選択部分の外側にかかってしまう効果を内側にかけるためです。

 

円形フィルターの位置やサイズなどは微調整することも可能です。

 

完成画像

 

 

円形フィルターで部分的に明るくすることで印象的なポートレートにレタッチすることができました。今回は露光量のみ調整しましたが、色味なども補正することができるので色々と試してみてもよいでしょう。

 

まとめ

 

Lightroomでは円形フィルターを用いて部分的に明るくし、ポートレートの印象を大きく変えることができます。操作も簡単で、ドラマチックな雰囲気に仕上げることも可能なのでぜひ挑戦してみてください。