Category

【Lightroom】画像を読み込んだときの初期設定を変更する

Irisです。

 

今回はLightroomでのちょっとしたTipsをお伝えします。Lightroomは画像を非破壊的に編集できるのが魅力であり、大量の画像処理にも向いています。本記事では、パラメーター補正をあらかじめ画像に適用することでわずらわしさを解消するテクニックをご紹介します。

 

写真素材 PIXTA

 

 

画像読み込み時の初期設定を変更できる

 

 

ある程度Lightroomに慣れてくると、ワークフローなども自分なりに構築されている場合も多いかと思います。例えば「レンズプロファイル補正」は毎回チェックを入れる、などデータの状態に関係なく設定する項目もあるでしょう。

 

Lightroomでは画像読み込み時の初期設定を登録することで、パラメーターを毎回調整する手間を省くことができます。あらかじめ登録しておくことで作業効率をあげることができるかと思います。同様の機能に、「プリセット」機能もありますが、今回説明する現像の初期設定では、画像を読み込んだ時点で適用されているのが特徴になります。

 

初期設定の変更方法

 

画像読み込み時の初期設定の変更方法について説明します。

 

現像モジュールを開く

デフォルトとして設定するパラメーターを調整する

「option(Windowsでは「Alt」)」を押しながら「初期化」をクリック

初期設定を「現在の設定」に更新

 

現像モジュールを開く

 

 

まずは現像モジュールを開きます。読み込んだ全ての画像の初期設定をするので画像はどれを選択しても構いません。

 

デフォルトとして設定するパラメーターを調整する

 

 

次に、自分がよく設定するパラメーターを補正します。私の場合、プロファイル、シャープ、ノイズ軽減、色収差など設定しています。もちろんこれらの項目は読み込んだあとに再調整することも可能です。

 

※初期設定で登録したいパラメーターのみ補正してください。

 

「option(Windowsでは「Alt」)」を押しながら「初期化」をクリック

 

 

パラメーターの設定が終わったら、「option(Windowsでは「Alt」)」を押しながら1番下の「初期化」をクリックします。

 

初期設定を「現在の設定」に更新

 

 

 

読み込み時の初期設定の登録操作をすると上のウインドウが現れます。「現在の設定に更新」することで、初期設定の登録完了になります。次回の読み込み時から全ての画像に対して適用され流ので確認してみてください。

 

また、画像読み込み時の初期設定はカメラごとに登録することも可能となっています。デフォルトに戻したい場合は上記操作をしたうえで「アドビの初期設定に戻す」で戻すことができます。

 

まとめ

 

Lightroomでは画像読み込み時の初期設定をすることができます。よく使うパラメーターがある程度固定されている場合は、あらかじめ登録しておくことで作業効率をあげることができますのでぜひ試してみてください。