Category

【Photoshop】Camera Rawフィルターを再編集可能にする

Irisです。

 

今回はPhotoshopでRAW現像する際に用いる「Camera Rawフィルター」で、画質を劣化させず(非破壊的)に再編集可能にする方法をご紹介します。1ステップ増える形にはなりますが、オリジナルの画像を保持したままRAW現像のやり直しが可能になります。

 

写真素材 PIXTA

 

 

スマートフィルターとは

 

画像に対してフィルターを適用したり、拡大・縮小を行ったりすると画質の劣化が起こる場合があります。スマートフィルターでは元画像を編集せずにフィルター効果を適用するので何度編集を加えてもやり直し可能になります。

 

考え方はLightroomの「カタログ」と似ている、といえばわかりやすいでしょうか。Lightroomではオリジナル画像のコピーを作成して調整を加えるのですが、「スマートフィルター」でも同様にオリジナル画像を保持したままRAW現像できるようになります。

 

Camera Rawフィルターを何度でもやり直せる

 

 

スマートフィルター機能では、フィルター効果を再調整できるのでRAW現像で用いる「Camera Rawフィルター」と相性がとてもよいです。通常「Camera Rawフィルター」での補正は1度きりなので、うまくいかない場合などはさらに補正をするか(ただしこの場合は画質が劣化します)、「Camera Rawフィルター」適用前に戻り、最初からやり直すしか方法がありません。

 

RAW現像の前段階で1ステップ増えてはしまいますが、スマートフィルター化することで「Camera Rawフィルター」が再調整可能になります。また、フィルター効果の表示/非表示も切り替えできるので画像の確認にも有用です。

 

使用手順

 

画像をスマートフィルター用に変換

Camera Rawフィルターを起動してRAW現像する

スマートフィルターの表示/非表示切り替え

スマートフィルターの再編集

 

画像をスマートフィルター用に変換

 

 

まずはPhotoshopで画像を開きます。

 

 

「フィルター」→「スマートフィルター用に変換」を選択します。

 

 

すると、レイヤー横のサムネイルにマークが現れ、スマートオブジェクト化されたことを示しています。この状態でフィルターをかけることでスマートフィルターとして使用することができます。

 

Camera Rawフィルターを起動してRAW現像する

 

 

 

「フィルター」→「Camera Rawフィルター」を選択すると、LightroomのようなRAW現像画面が起動します。

 

 

普段通りにRAW現像します。

 

 

Camera RawフィルターでRAW現像した画像になります。

 

 

この際、レイヤー表示を確認すると、Camera Rawフィルターがスマートフィルターとなっているのがわかります。

 

スマートフィルターの表示/非表示切り替え

 

 

スマートフィルターの表示/非表示は切り替えることができます。適用したフィルター(今回はCamera Rawフィルター)の左側のアイマークのON/OFFをすることでフィルターの適用前後を確認することが可能です。

 

スマートフィルターの再編集

 

 

スマートフィルターはオリジナルデータが保持されているので再編集可能です。適用したフィルター(今回はCamera Rawフィルター)名の部分をダブルクリックすることで「Camera Rawフィルター」が起動します。

 

 

起動した「Camera Rawフィルター」は前回の補正値が適用されているので微調整したいパラメーターのみ変更可能です。

 

まとめ

 

PhotoshopでRAW現像する際に、「Camera Rawフィルター」は直感的に操作できるので大変便利です。「Camera Rawフィルター」をスマートフィルターに変換することでオリジナルの画像を保持したまま再編集可能になります。Camera Rawフィルターとスマートフィルターをセットで使用し、納得するまでRAW現像にチャレンジしてみてください。