Category

【レタッチテクニック】ルミノシティマスクを用いて暗部を引き締める

Irisです。

 

今回はルミノシティマスク(輝度マスク)の使用例についてご紹介します。ルミノシティマスクを用いることで画像全体に補正をかけるよりも繊細なレタッチが可能になります。本記事では暗部のルミノシティマスクを作成し、トーンカーブを部分的に適用することで画像全体を引き締めるテクニックを説明していきます。

 

写真素材 PIXTA

 

 

 

ルミノシティマスク(Luminosity Mask)とは

 

 

ルミノシティ(Luminosity)とは輝度、つまり明るさのことを指します。そしてマスク(Mask)とはPhotoshopにおいてマスクのように画像を部分的に隠した選択範囲を作ることです。(ルミノシティマスクは「輝度マスク」と呼ばれることもあります。)

 

つまり、ルミノシティマスクは画像の明るさをもとに部分的に選択した画像といえます。ルミノシティマスク(輝度マスク)を用いることで明るい部分や暗い部分だけ選択した画像を作ることができます。

 

ルミノシティマスクは海外のレタッチ業界ではメジャーな手法であり、画像の選択された部分のみ編集するのでハイライトやシャドウを調整するよりも細かい調整ができたり、より自由度の高い編集が可能となります。また、露出の異なる複数の画像を用意してルミノシティマスクを用いることでノイズの少ないHDR(ハイダイナミックレンジ)写真を作成することもできるようになります。

 

ルミノシティマスクを作る方法

 

ルミノシティマスクを作る方法にはいくつかありますが、「色域指定」「画像操作」Raya Proなどの「露出ブレンド」ソフトを使用する方法があげられます。いずれもPhotoshopを使用してマスクを作成するのですが、大事なのは自分がやりやすいと感じた方法を用いることです。あまり複雑なテクニックは覚えるのも大変かと思いますので自分に合った方法を使用して問題ないと思います。

 

ルミノシティマスクの作成方法についてはこちらに詳しく書いてあります。

 

【Photoshop】色域選択を用いてルミノシティマスクを作る

 

【Photoshop】画像操作を用いてルミノシティマスクを作る

 

ルミノシティマスクを用いて暗部を引き締める

 

ルミノシティマスクは色々な使い方ができますが、今回は暗部のルミノシティマスクを作成して画像を引き締める方法について説明します。画像にメリハリをつける方法としてはコントラストの調整などがメジャーですが、コントラストを高くするとハイライトのディティールも失われてしまいます。そのような場合にルミノシティマスクを使用することで暗部のみ調整することが可能になります。

 

色域指定を用いる方法

Raya Proを用いる方法

 

 

色域指定を用いる方法

 

色域指定では輝度(明るさ)に応じた選択範囲を作ることができます。色域指定を用いることで暗部のみのルミノシティマスクを作成します。

 

 

まずはPhotoshopで画像を開きます。

 

 

左上メニューから「選択範囲」→「色域指定」を選択します。

 

 

色域指定を起動すると、選択範囲のプレビュー画面が起動します。

 

 

白く表示されている部分が選択範囲として作成されます。暗部のルミノシティマスクを作成するためにはシャドウを選択して許容量、範囲のスライダーの自分の思う通りに調整します。選択範囲が決まったらOKを押します。

 

 

選択範囲が点線で表示されます。選択範囲のみのレイヤーを作るにはショートカットの「command+J(WindowsではCtrl+J)」を使用します。

 

 

これで暗部のみ選択したルミノシティマスクが作成できました。

 

 

作成したルミノシティマスクの明るさを落とすことで画像を引き締めていきます。方法はいくつかありますが、今回はトーンカーブを使用します。optionキー(WindowsではAltキー)を押しながらトーンカーブを起動するか、左上メニューから「レイヤー」→「新規調整レイヤー」→「トーンカーブ」→「下のレイヤーを使用してクリッピングマスクを作成する」にチェックを入れるとルミノシティマスクのレイヤーにのみ効果をかけることができます。

 

トーンカーブの使い方についてはこちらの記事もご覧ください。

 

【レタッチテクニック】トーンカーブの基本を知る

 

 

 

 

ルミノシティマスクにのみ適用したトーンカーブを全体的に下げることで暗部を引き締めることができました。

 

 

Raya Proを用いる方法

 

Raya Proは有料ソフトにはなりますが、簡単にルミノシティマスクを作成できるので重宝しています。また選択範囲の微調整も便利です。

 

 

まずはPhotoshopで画像を開きます。

 

 

imをクリックし、「Insta Mask」を起動します。

 

 

Bが「Bright(明部)」、Dが「Dark(暗部)」、Mが「Midtone(中間調)」を意味しています。今回は暗部のルミノシティマスクを作成するのでDの中から選択します。暗部のルミノシティマスク作成においては1〜6までのパターンがあるので最適なパターンを選択します。

 

 

1のマスクを選択するとこのようになりました。白が選択されている部分になります。Raya Proを使用してルミノシティマスクを作成すると、自動でトーンカーブレイヤーが生成されるのでトーンカーブレイヤーで調整します。

 

 

ルミノシティマスク作成後は、レイヤーの左側のアイマークをオンにすることで調整レイヤーが表示されます。

 

 

トーンカーブを下げることで暗部を引き締めることができました。選択範囲が思った通りでなかった場合は、Insta Maskの別のパターンをクリックするとやり直すことができます。

 

 

3のパターンを試してみます。

 

 

トーンカーブを下げることで同じように暗部を引き締めることができました。ルミノシティマスクのパターンは何度か調整してベストな選択範囲を見つけてみてください。

 

 

まとめ

 

ルミノシティマスクを用いることでコントラストやハイライト、シャドウの調整ではできない繊細なレタッチが可能になります。今回ご紹介したテクニックはあくまでひとつの例になるので、様々なテクニックと組み合わせて自由な表現を身につけてみてください。