カテゴリー

【レタッチテクニック】色かぶりを除去して写真をクリアにする(ワンクリック補正編)

Irisです。

 

写真をクリアにする方法について悩んでいる方も多いのではないでしょうか。写真がクリアでない原因としては色かぶりがあげられます。本記事ではワンクリックで簡単に色かぶりを除去して写真をクリアにするテクニックをご紹介します。

 

写真素材 PIXTA

 

レベル補正、トーンカーブを用いて厳密に色かぶりを除去する方法についてはこちらの記事をご覧ください。

 

【レタッチテクニック】色かぶりを除去して写真をクリアにする(レベル補正、トーンカーブ編)

 

 

色かぶりとは

 

 

色かぶりとは写真全体が特定の色に偏っていることを指します。ホワイトバランスの設定や人工照明の影響により写真全体が赤みがかったり、青みがかったりすることがよくありますが、これらは色かぶりを起こしています。

 

元の画像の状態にもよりますが、色かぶりを除去することでクリア感を出すことができます。RAW現像でクリア感の出し方に困っている方には「色かぶりの除去」はぜひ試していただきたい方法になります。

 

※レタッチ後の仕上がりとしてあえて赤みや青みを強くしたい場合は色かぶりを起こしていても問題ないかと思いますが、実際の色に近づけるには色かぶりの除去は必要になってきます。

 

色かぶりをワンクリックで補正する

 

 

色かぶりを除去して写真をクリアにする方法はいくつかありますが、本記事ではワンクリックで簡単に補正できる方法をご紹介します。

 

方法は2種類説明しますが、あくまで自動補正なので補正結果が少し異なってきます。片方を試してうまくいかない場合はもう片方の方法を試すか、別記事でご紹介したヒストグラムの階調幅を整える方法を使用することをおすすめします。

 

ホワイトバランスを「自動」にする

Photoshopで「自動トーン補正」を使用

 

ホワイトバランスを自動にする(Lightroom)

 

 

色かぶりはホワイトバランスの設定によっても起こりえます。最近のカメラの性能は優秀なのでホワイトバランスをオートにして撮影しても問題ない場合も多いですが、撮影環境によっては色かぶりが起こる可能性があります。Lightroomではホワイトバランスの設定を変更することでワンクリックで色かぶりをある程度除去できます。

 

 

まずはLightroomで画像を読み込み、「現像」モジュールに移動します。

 

 

デフォルトでは画像を読み込んだ時点でホワイトバランスは「撮影時の設定」になっています。

 

 

 

 

 

ただし、あくまで自動補正なので階調幅を整える方法と違った雰囲気になる場合があります。

 

ホワイトバランスを自動にする(PhotoshopのCamera Raw)

 

Photoshopの「Camera Raw」を使用してもLightroomと同様の結果が得られます。

 

 

まずはPhotoshopで画像を開き、「Camera Raw」フィルターを起動します。左上メニューから「フィルター」→「Camera Rawフィルター」で起動できます。

 

「Camera Rawフィルター」でもLightroom同様のレタッチができます。こちらの記事もご覧ください。

 

【Photoshop】 PhotoshopでRAW現像してみよう!

 

 

「Camera Rawフィルター」を起動するとこのようになります。基本となる調整パラメーターはLightroomと同じとなります。

 

 

このホワイトバランスの項目を「自動」にすることでワンクリックで色かぶりの除去ができます。

 

 

Lightroomを用いた方法と同様に色かぶりの除去ができました。こちらも自動補正なので階調幅を整える方法と違った雰囲気になる場合があります。

 

 

 

Photoshopで「自動トーン補正」を使用

 

 

色かぶりをワンクリックで除去する方法として「自動トーン補正」もあります。ホワイトバランスでは色味を調整するのに対し、「自動トーン補正」では階調も調整します。ホワイトバランスを自動にしてうまくいかない場合はこちらの方法も試してみてください。

 

 

まずはPhotoshopで画像を開きます。左上のメニューから「ファイル」→「開く」、もしくはショートカットの「command+O(オー)(WindowsではCtrl+O(オー))」になります。

 

 

「自動トーン補正」は左上メニューから「イメージ」→「自動トーン補正」で実行することができます。

 

 

するとこのようになり、色かぶりの除去ができました。ホワイトバランスを自動にした場合も少し色味が違っているのがわかります。どちらの方法がよいかは元画像によって異なりますのでどちらも試してみてもよいかも知れません。厳密に色かぶりの除去を行う場合はやはり階調幅を整える方法が確実です。

 

2種類の方法を比べる

 

<ホワイトバランスを自動にする方法>

 

<「自動トーン補正」を使用する方法>

 

サンプル写真では「自動トーン補正」を使用した方がクリア感が出ています。どちらの方法がベストかは元画像により異なるのでPhotoshopを使える環境の方はどちらも試してみてもよいかも知れません。

 

まとめ

 

色かぶりを除去することで写真をかなりクリアにすることができます。厳密に色かぶりを除去するには「レベル補正」か「トーンカーブ」を使用するのがベストですが、気軽に試せるワンクリック補正は有用なツールとなるかも知れません。