カテゴリー

【レタッチテクニック】色かぶりを除去して写真をクリアにする(レベル補正、トーンカーブ編)

Irisです。

 

写真をクリアにする方法について悩んでいる方も多いのではないでしょうか。写真がクリアでない原因としては色かぶりがあげられます。本記事では色かぶりを除去して写真をクリアにするテクニックについて説明します。

 

写真素材 PIXTA

 

 

 

 

色かぶりとは

 

 

色かぶりとは写真全体が特定の色に偏っていることを指します。ホワイトバランスの設定や人工照明の影響により写真全体が赤みがかったり、青みがかったりすることがよくありますが、これらは色かぶりを起こしています。

 

元の画像の状態にもよりますが、色かぶりを除去することでクリア感を出すことができます。RAW現像でクリア感の出し方に困っている方には「色かぶりの除去」はぜひ試していただきたい方法になります。

 

※レタッチ後の仕上がりとしてあえて赤みや青みを強くしたい場合は色かぶりを起こしていても問題ないかと思いますが、実際の色に近づけるには色かぶりの除去は必要になってきます。

 

色かぶりの原因はRGBの階調幅の違い

 

 

色かぶりの原因としてはホワイトバランスの設定や人工照明の影響がありますが、色かぶりしている写真の画像データについてみてみます。

 

画像の色情報については光の3原色であるR(レッド)、G(グリーン)、B(ブルー)に分類されます。色かぶりではこのRGBチャンネルがキーポイントとなります。

 

 

上のサンプル画像のRGBチャンネルの画像データになります。それぞれの階調の幅を矢印で表していますが、この階調の幅がRGBで異なっています。サンプルではレッドの情報がやや少なく、グリーンとブルーの幅が同じくらいとなっています。このRGBのいずれかの色情報が多いとその色の色かぶりを起こしている、ということになります。極端に赤みがかったり、青みがかっている写真ではRGBの階調の幅が大幅に異なっているのでわかりやすいかと思います。

 

色かぶりしている写真では、この階調の幅を整えてあげることで特定の色に偏っていないクリアな写真になります。

 

色かぶりは自分の感覚である程度補正することも可能ですが、絶対条件としてきちんとキャリブレーションされたモニターと、色についての知識(R↔︎C、G↔︎M、B↔︎Y)が必要になるので厳密な色かぶりの除去は難しくなります。

 

色かぶりを除去する方法

 

 

色かぶりを除去する方法はいくつかありますが、階調の幅を揃えてロジカルに色かぶりの除去をする方法は「レベル補正」「トーンカーブ」を用いた方法になります。

 

その他にも色かぶりを除去する方法にはいくつかあるのであげてみます。

 

色温度、色かぶり補正を調整する

ホワイトバランスを「自動」にする

Photoshopで「自動トーン補正」

白色点を設定する

レベル補正(RGBチャンネル)の使用

トーンカーブ(RGBチャンネル)の使用

レンズフィルター の使用

カラーバランスの使用

 

本記事では階調の幅を整えて色かぶりを除去する「レベル補正」、「トーンカーブ」を用いた方法についてご紹介します。これらの方法はLightroomでは使用できないのでPhotoshopを使用します。

 

他の方法についてはまた別の記事で紹介したいと思います。

 

階調の幅を整えて色かぶりを除去する

 

それでは階調の幅を整えて色かぶりを除去する方法について説明します。Photoshopで「レベル補正」か「トーンカーブ」を使用しますが、本質的には同じ結果が得られますので使用しやすい方法を用いてよいかと思います。

 

階調の幅を整えるには、シャドウ点、ハイライト点のスライダーを動かしてシャドウ点、ハイライト点をRGBですべて統一します。ヒストグラムの最小点、最大点を揃えることで階調の幅を統一するイメージになります。

 

レベル補正(RGBチャンネル)を使用して色かぶりを除去する

 

 

 

まずはPhotoshopで画像を開き、レベル補正レイヤーを追加します。右側のパネルから色調補正のレベル補正をクリックするか、「レイヤー」→「新規調整レイヤー」→「レベル補正」を選択します。

 

 

レベル補正の調整画面になります。最初に表示されるのはRGBすべて(明るさ情報)となるのでRGBのプルダウンをレッド、グリーン、ブルーに変更します。

 

 

 

 

通常階調の情報は0〜255の数値で表されますが、レッドのチャンネルをみると0より大きい数値から始まり、255より小さい数値で終わっているのがわかります。シャドウ点、ハイライト点を実際のヒストグラムに合わせることで階調の幅を整えていきます。

 

 

実際にスライダーをヒストグラムの先端に沿うように動かしてみるとこのようになります。

 

 

厳密にスライダーを調整したい場合は「option(WindowsではAlt)」を押しながらスライダーをクリックし、画像が少し浮き出てくるくらいにスライダーを動かします。

 

 

 

同様に、グリーン、ブルーチャンネルについても階調の幅を整えます。

 

 

階調の幅を整えることで色かぶりが除去できて、かなりクリアになったかと思います。

 

トーンカーブ(RGBチャンネル)を使用して色かぶりを除去する

 

 

トーンカーブを使用して色かぶりを除去する場合も、レベル補正と同様の方法になります。Photoshopで画像を開き、トーンカーブレイヤーを追加します。右側のパネルから色調補正のトーンカーブをクリックするか、「レイヤー」→「新規調整レイヤー」→「トーンカーブ」を選択します。

 

 

 

 

RGBチャンネルそれぞれをシャドウ点、ハイライト点をヒストグラムに沿うようにスライダーを動かして階調の幅を調整します。

 

 

厳密にスライダーを調整したい場合は「option(WindowsではAlt)」を押しながらスライダーをクリックし、画像が少し浮き出てくるくらいにスライダーを動かします。

 

 

レベル補正同様、階調の幅を整えることで色かぶりが除去できて、かなりクリアになったかと思います。

 

まとめ

 

色かぶりを除去することで写真をかなりクリアにすることができます。今回ご紹介したレベル補正、トーンカーブのRGBチャンネルを使用した方法では感覚ではなくヒストグラムにもとづいて色かぶりを除去するので誰でも正確に作業を行うことができます。すべてのジャンルにおいて写真をクリアにすることができるのでぜひ挑戦してみてください。