カテゴリー

【Photoshop】桜のピンク色を強調する

Irisです。

 

今回は桜のピンク色を強調し、より鮮やかにするテクニックをご紹介します。桜は日本ならではの美しい光景ですが、写真にすると実際に見た光景より印象が薄くなりがちです。本テクニックではピンク色を強調することで美しい写真に仕上げていきます。

 

写真素材 PIXTA

 

 

 

 

桜にピンク色を足す

 

 

私は色の補正では「色別補正」をよく利用していますが、もともと色が薄い被写体の場合は色別に彩度を上げたり、色相をシフトするのが難しくなります。桜の場合も色別補正ではうまくいかない場合も多いので、このような場合ではピンク色を足す方向でより鮮やかにレタッチしていきます。

 

レンズフィルターの使用

 

 

レンズフィルターとはPhotoshopのフィルターで、写真全体に色を加えることができます。今回は桜の写真ですのでピンク色を足していくイメージでレンズフィルターを使用します。人工的に色を加えると不自然になる場合もありますが、Photoshopではレイヤーの不透明度を下げることもできるので自然に効果を適用することができます。

 

色域指定の使用

 

レンズフィルターを写真全体に適用すると余分な部分まで色が足されてしまうので桜以外の部分は消していく作業が必要です。消しゴムツールやレイヤーマスクを用いて桜以外の部分を非表示にする方法が比較的わかりやすいですが、桜の選択範囲を作成してからその部分にのみレンズフィルターを適用させるのがスマートな方法になります。桜の選択範囲の作成方法として、今回は「色域指定」を使用します。

 

色域指定の使い方についてはこちらの記事もご覧ください。

 

【Photoshop】色域選択を用いてルミノシティマスクを作る

 

実際の手順

 

 

それでは実際のレタッチ手順の解説に移ります。

 

色域指定で大まかに桜の選択範囲を作成する

レンズフィルターでピンク色を足す

桜の選択範囲にレイヤーマスクを適用して余分な部分を消す

 

色域指定で大まかに桜の選択範囲を作成する

 

本テクニックでは、後述するレンズフィルターでピンク色を足していく作業がメインになるのですが、あらかじめ桜の選択範囲を作っておくと作業の効率化が図れます。もちろん全体にピンクのレンズフィルターをかけて桜以外の部分を消してもよいのですが、ある程度下準備をしておくと便利です。今回は桜の選択範囲を作るのに色域指定を用います。

 

 

まずはPhotoshopで画像を開きます。「ファイル」→「開く」もしくはショートカットのcomannd+O(オー)(WindowsではCtrl+O(オー))になります。Lightroomと連携させる場合はLightroom上で対象画像を右クリック→「Adobe Photoshopで編集」を選択します。

 

 

色域指定を起動して桜の色を抽出します。「選択範囲」→「色域指定」を選択します。

 

 

 

 

するとこのような画面が開きます。調整画面で選択を「指定色域」にします。選択範囲のプレビューを「グレースケール」にすると元画像も白黒表示になるので細かい選択範囲の調整が可能です。レイヤーマスクなどでも同様ですが、白が表示部分(選択部分)、黒が非表示部分(非選択部分)となります。

 

指定色画面では元画像上にスポイトが現れます。スポイトで桜の部分をクリックすると大まかな選択範囲が作られるので調整画面の「許容量」スライダーを動かして微調整します。白で表示される選択範囲が思った通りにならないときは別の箇所をスポイトでクリックしなおすとうまくいく場合があります。

 

桜の選択範囲の作成では後で不要部分を消す必要がありますが、広めに選択範囲を作っておくとムラなくピンクを強調することができます。

 

 

今回は桜プラスアルファの部分になるように選択範囲を作りました。選択範囲の調整が問題なければ「OK」をクリックします。桜以外の部分は後で消していきます。

 

 

少しわかりにくいですが、点線で表示された部分が選択範囲になります。この状態で「command+J(WindowsではCtrl+J)」のショートカットを起動すると選択範囲のみのレイヤーが作成できます。

 

 

 

これで色域指定を用いて大まかな桜の選択範囲を作成することができました。

 

レンズフィルターでピンク色を足す

 

 

ピンク色の強調にレンズフィルターを使用します。レンズフィルターでは特定の色をフィルターをして覆いかぶせることができます。右側のパネルから「レンズフィルター」をoption(WindowsではAlt)を押しながらクリックするか、左上メニューから「レイヤー」→「新規調整レイヤー」→「レンズフィルター」を選択します。

 

 

 

いずれの場合においても「下のレイヤーを使用してクリッピングマスクを作成」にチェックを必ず入れてください。チェックを入れることで下のレイヤーにのみ効果をかけることができます。チェックを入れないと元画像を含めた全体にも効果がかかってしまうので選択範囲を作成した意味がなくなってしまいます。

 

 

レンズフィルターを作成したら色の調整に移ります。デフォルトではオレンジになっていますが、オレンジの部分をクリックするとカラーピッカーが起動するので自在に色を変更することができます。また、効果をわかりやすくするため、適用量を100%にするとよいでしょう。ここでは効果を確認するために、元画像レイヤーを表示した状態で調整していきます。「下のレイヤーを使用してクリッピングマスクを作成」しているので効果は桜の選択範囲のみにかかります。

 

 

画像を確認しながらカラーピッカーでピンク色に近い色を選択しました。だいぶ桜のピンク色が出てきたかと思います。効果が強いと感じるときは薄めの色にシフトするか、レンズフィルター の適用量を下げる、レンズフィルターレイヤーの不透明度を下げることで効果を弱めることができます。

 

桜の選択範囲にレイヤーマスクを適用して余分な部分を消す

 

ここまでで、レンズフィルターを用いて桜のピンク色を強調することができましたが桜の選択範囲が大まかに作られていて、余分な部分もピンク色になってしまっているので消していく作業が必要です。

 

余分な部分を消すには消しゴムツールなどでも可能ですが、やり直しの効く「レイヤーマスク」を用いるのが便利です。

 

レイヤーマスクの考え方についてはこちらの記事もご覧ください。

 

【Photoshop】Photoshopでレイヤーマスクを使用して合成写真を作成しよう!

 

 

 

レイヤーマスクでは画像を部分的に表示させたり、非表示にすることができます。今回は桜の選択範囲の余計な部分を非表示にしていきます。レイヤーマスクでは「表示部分は白」「非表示部分は黒」となります。

 

 

レイヤーマスクを使用するには桜の選択範囲のレイヤーを選択した状態で右下の「レイヤーマスクを追加」をクリックするか、左上メニューから「レイヤー」→「レイヤーマスク」→「全ての領域を表示」を選択します。

 

※今回は余分な部分を消したいので全ての領域を表示させた状態でのスタートが簡単ですが、画像の一部分を表示させたいときには全ての領域を隠した状態でスタートしても構いません。全ての領域を隠すには「optionキーを押しながらレイヤーマスクを追加をクリック」するか、左上メニューから「レイヤー」→「レイヤーマスク」→「全ての領域を隠す」を選択します。

 

今回は画像を全て表示させた状態の「白マスク」で余分な部分を消していきます。作成した桜の選択範囲では左下の建物など余計な部分が入ってしまい、ピンク色が付いているので重点的に消していきます。

 

 

レイヤーマスクを選択した状態でブラシツールを起動すると、余分な部分を消せるようになります。この際ブライツールの描画色が白と黒になります。白ブラシで塗ると塗った部分が表示され、黒ブラシで塗ると塗った部分が消えていきます。白ブラシと黒ブラシの切り替えはショートカットの「X(エックス)」になります。不透明度、流量、滑らかさは必要に応じて調整してみてください。私の場合は流量、滑らかさを低めにして境界線を滑らかにすることが多いです。

 

※レイヤーマスク以外を選択すると通常のブラシで画像に色が塗られてしまうのでご注意ください。

 

今回は白マスクで桜の選択範囲が全て表示された状態から余計な部分を消していくので黒ブラシで塗っていきます。

 

 

 

必要に応じて元画像の表示をONOFFしながら作業するとやりやすいかと思います。もし消しすぎてしまった場合は白ブラシに切り替えて塗ると再び表示されます。レイヤーマスクではやり直しが効くのがよいところです。

 

 

 

最終的にはこのあたりまで仕上げて完成とします。地味な作業にはなりますが、レイヤーマスクでは手間をかけることで作品の仕上がりが変わってきます。レンズフィルター の不透明度はこのままでよいと判断しましたが、下げたりして効果を弱めることも可能です。

 

手順のおさらい

 

色域指定で大まかに桜の選択範囲を作成する

レンズフィルターでピンク色を足す

桜の選択範囲にレイヤーマスクを適用して余分な部分を消す

 

完成画像

 

 

完成画像がこちらになります。桜の選択範囲にのみレンズフィルターを適用することでピンク色を強調することができたかと思います。

 

まとめ

 

今回は桜の色を強調するために色域指定とレンズフィルター、レイヤーマスクを使用しました。これらのテクニックは桜だけでなくいろいろと応用も効きますのでぜひ挑戦してみてください。