Category

レタッチするならペンタブレットがおすすめ

Irisです。

 

今回はレタッチにおいて、持っていると便利なペンタブレットのご紹介をします。ペンタブレットはあまりなじみがない方も多いかもしれませんが、フォトレタッチにおいて非常に役立ちます。特徴を簡単にまとめてみたので参考にしてみてください。

 

写真素材 PIXTA

 

 

ペンタブレットとは

 

ペンタブレットとは簡単にいうとタッチペンのようなものです。PCと接続したペンで線やイラストなどを描くことができます。通常マウスで実施する操作はペンタブレットでも行うことが可能です。マウスより繊細な操作ができるのでイラストレーターだけでなくPhotographerにも愛用されています。

 

ペンタブレットの種類としては、「板タブレット」と「液晶タブレット」があり、「板タブレット」は下敷きのように使って画面上のマウスポインターを動かします。対して「液晶タブレット」はPC画面がタブレットとリンクして表示され、タブレットに直接描きこめるので便利なのですが高価なのがネックです。

 

ペンタブレットをレタッチで使う

 

ペンタブレットはイラストレーターがイラストのデザインに使用するイメージもあるかと思いますが、写真のレタッチにおいても活用できます。個人的にはPhotoshopやLightroomでブラシツールを用いる際によく利用しています。他にも選択範囲の作成などにも便利かと思います。また、完全にマウスの代わりとして使用することもできます。

 

マウスでもブラシツールなどでレタッチすることはできるのですが、ペンタブレットを活用することでより繊細なレタッチが可能になります。海外のPhotographerやプロのレタッチャーなどは必ずと言ってもいいほど使用していますし、実際使ってみると有用性がわかるかと思います。ペンタブレットを利用するメリットを以下にあげてみます。

 

なめらかな線を描ける

ブラシを利用する際に境界がなめらかになる

ブラシのサイズ変更が簡単で、ショートカットの割り当ても可能

慣れればマウスより速い時間でレタッチできる

 

おすすめはWacomのIntuos Pro

 

<画像はWacomHPより>

 

ペンタブレットはいくつかのメーカーから販売されていますが、定番はWacomの商品になります。Wacomの商品にも種類がありますが、Intuos Proが設定可能な項目も多くおすすめになります。また、筆圧感知機能もあり、ペンをタッチする強さに反応するのでより繊細なレタッチが可能になります。特に境界部分のレタッチにおいてはマウスより非常になめらかになります。

 

Intuos ProにはサイズがS、M、Lの3種類ありますがフォトレタッチではSサイズで十分かと思います。Sサイズでもある程度の大きさがあるのでそれ以上の大きさにするとデスクに置くスペースに困るかもしれません(現在はM、Lサイズしか販売していないようですが、インターネットショッピングなどでは以前のSサイズも販売されている場合があります)。

 

<画像はWacomHPより>

 

また、最上位シリーズには液晶タブレットの「Cintiq」シリーズがあり、予算に余裕のある方はそちらを選んでもよいかもしれません。

 

ペンの使い方

 

<画像はWacomHPより>

 

ペンタブレットでは付属のペンを鉛筆やボールペンのように扱ってタブレットに直接書きこむ使い方をします。主にペンでなぞるように動かしたり、タブレットの上でトントンと叩き込むことが多いです。クリックやダブルクリック、右クリックもペン1本でできるのでマウス同様に操作することも可能です。ポインターの移動には若干慣れが必要ですが、慣れてしまえば問題なく使用できます。

 

また、「筆圧感知機能」という機能がついており、通常の鉛筆やボールペンなどと同じように筆圧の強さを感知してくれます。マウスでは筆圧感知はできないので、ペンタブレットを用いる利点になります。Wacomの製品は筆圧感知レベルが高く、強弱を認識する精度が高いのも特徴です。

 

ボタンのカスタマイズをして快適に使用する

 

 

Intuos Proにはキーボードショートカットの割り当てボタンがあり、好みに応じてカスタマイズ可能です。Sサイズではボタンが6個で、M、Lサイズでは8個ありますが6個でも十分かと思います。

 

中央の円形ホイールでは画像の拡大縮小やブラシのサイズ変更ができるので重宝しています。ボタンのショートカットは私の場合、ブラシツールの起動、白ブラシ・黒ブラシの切り替え、移動ツールなどに割り当てていますが、使いやすいように設定していただいてよいでしょう。

 

マッピングの設定も重要

 

 

マッピングとは、PCのスクリーンに対するペンタブレットの認識範囲を設定することを言います。イラストでは認識範囲は広いほうが描きやすいようですが、認識範囲が広いとペンのピッチが大きくなるので腕が疲れてしまいます。フォトレタッチでは認識範囲を小さめに設定すると使いやすいようです。

 

まとめ

 

レタッチの上手いPhotographerはペンタブレットを使いこなしている印象があります。ペンタブレットを使用することでマウスではできなかった繊細なレタッチができるようになり、より自然な作品に仕上げることができるでしょう。使ったことのない方はぜひ使用してみてください。