カテゴリー

【Photoshop】色域選択を用いてルミノシティマスクを作る

Irisです。

 

今回はルミノシティマスクの作り方についてご紹介します。日本ではまだあまり広まっていないようですが、海外では多くの有名写真家も使用しているテクニックになります。

 

ルミノシティマスク(Luminosity Mask)とは

 

まだ日本においてはあまり聞きなれない言葉ですが、ルミノシティ(Luminosity)とは輝度、つまり明るさのことを指します。そしてマスク(Mask)とはPhotoshopにおいてマスクのように画像を部分的に隠すことを指します。Photoshopでよく使われるレイヤーマスクはレイヤーの一部をマスクする(隠す)ことから名付けられています。(ルミノシティマスクは「輝度マスク」と呼ばれることもあります。)

 

わかりやすく言い換えると「マスクする」ということは画像を部分的に隠した選択範囲を作ることです。レイヤーマスクはレイヤーの一部だけを選択した画像であり、ルミノシティマスクは画像の明るさによって部分的に選択した画像となります。ルミノシティマスクを用いることで明るい部分や暗い部分だけ選択した画像を作ることができます。

 

ルミノシティマスクは海外のレタッチ業界ではメジャーな手法であり、画像の選択された部分のみ編集するのでハイライトやシャドウを調整するよりも細かい調整ができたり、より自由度の高い編集が可能となります。また、露出の異なる複数の画像を用意してルミノシティマスクを用いることでノイズの少ないHDR(ハイダイナミックレンジ)写真を作成することもできるようになります。

 

ルミノシティマスクを作る方法

 

ルミノシティマスクを作る方法にはいくつかありますが、「色域指定」や「画像操作」、Raya Proなどの「露出ブレンド」ソフトを使用する方法があげられます。いずれもPhotoshopを使用してマスクを作成するのですが、大事なのは自分がやりやすいと感じた方法を用いることです。あまり複雑なテクニックは覚えるのも大変かと思いますので自分に合った方法を使用して問題ないと思います。

 

今回は色域指定を使用したルミノシティマスクの作成方法について解説し、他の方法については別の記事で紹介したいと思います。

 

色域選択を用いてルミノシティマスクを作る

 

それでは「色域指定」を用いてルミノシティマスクを作る方法について説明していきます。サンプル写真は海岸で撮影した明暗差の激しい朝焼け時の写真です。おおまかに手順を分けると以下のようになります。

 

・色域指定で選択範囲を作る

・ハイライト、中間調、シャドウのいずれかを選択

・画像を確認しながらスライダーで選択範囲を調整する

 

 

ルミノシティマスクの作成にはPhotoshopを使用するのがメジャーですのでPhotoshopで画像を開きます。LightroomからPhotoshopに連携する場合は画像を右クリック→「他のツールで編集」→「Adobe Photoshopで編集」を選択します。Photoshopから画像を直接開く場合は左上メニューの「ファイル」→「開く」になります。

 

 

色域指定で選択範囲を作る

 

「色域指定」とは画像を部分的に選択する方法の1つで特定の色を選択して選択範囲を作ることができますが、ハイライトやシャドウなど輝度(ルミノシティ)に応じた選択範囲を作ることも可能となっています。今回はルミノシティマスクを作るために色域指定を使用します。

 

 

左上メニューから「選択範囲」→「色域指定」を選択します。

 

 

色域指定を開くと上のような画面になるのでプレビューなどを確認しながら選択範囲を作成します。

 

ハイライト、中間調、シャドウのいずれかを選択

 

 

 

 

色域指定の調整画面です。特定の色を選択することもできますが、ルミノシティマスクを作るにはハイライト、中間調、シャドウのいずれかを選択します。今回は例としてハイライトを選択してみます。

 

 

ハイライトを選択すると上の画面になります。画面には小さくプレビューが表示されていますが「選択範囲」と「画像を表示」のうち「選択範囲」の丸印を選ぶと白黒表示になります。Photoshopではおなじみですが白が選択されている部分、黒が選択されていない部分です。

 

 

選択範囲のプレビューをグレースケールにするとPhotoshop上での画像もグレースケールになり、選択範囲を細かく確認することができます。

 

画像を確認しながらスライダーで選択範囲を調整する

 

 

スポンサーリンク

 

ここまでは色域指定の使い方についての説明でした。ここから実際にルミノシティマスクを作っていきます。選択範囲の調整は簡単でスライダーを左右に動かして白く選択されている部分を確認しながらの作業になります。今回は上のようにスライダーを動かし空を含めたハイライト部分を選択しました。自分の思うような選択範囲ができたところでOKを押します。もちろん画像や表現意図によって選択範囲は異なりますので色々試してみてください。

 

 

画像では少しわかりにくいですが選択範囲が点線で表示されています。ここから色域指定で選択した部分のみ新しいレイヤーとして抽出する作業を行います。選択範囲のみレイヤーにするにはショートカットキーの「command+J」(WindowsではCtrl+J)を用います。

 

 

選択範囲のみのレイヤーを作成し背景レイヤーを非表示にするとこのようになり、ハイライトのルミノシティマスクを作ることができました。中間調やシャドウについては色域指定の調整画面で中間調、シャドウを選択すればよいだけで、作業の手順は同様になります。

 

使用例

 

・露出やコントラストの補正

・色調補正

・HDR写真の合成

 

ルミノシティマスクを作成したら選択部分にのみ補正をかけることができます。輝度に応じた選択範囲を作ることができるのでPhotoshopでかけられる補正はどれでも使用可能ですが、よく使われるテクニックとしては上記のような項目があります。

 

露出やコントラストの補正

 

 

ハイライトのルミノシティマスクを作成し、ハイライト部分のみ輝度(明るさ)を下げた写真です。選択範囲を確認しながらルミノシティマスクを作るのでLightroomの基本補正のハイライトやシャドウよりも細かい調整ができました。

 

色調補正

 

 

ハイライトのルミノシティマスクを作成し、ハイライト部分のみに明暗別色補正で朝焼けの色味を足してみました。明暗別色補正だけでなく、色味の補正を行う色調補正全般もルミノシティマスクと組み合わせてよく使われるかと思います。

 

HDR写真の合成

 

 

HDR(ハイダイナミック写真)とは白とびや黒つぶれが少ないダイナミックレンジの広い写真です。撮影時に露出がプラス、ゼロ、マイナスの写真を段階露光で撮影し、ルミノシティマスクを使用してノイズの少ない写真を合成することができます。

 

詳しい手順は別の記事で紹介したいかと思いますが、露出がプラスの写真のシャドウ部分のルミノシティマスク、露出がマイナスの写真のハイライト部分のルミノシティマスクを作成し、適正露出の写真にかぶせます。段階露光した複数の写真を重ね合わせるのでハイライトやシャドウの補正をかけなくてもダイナミックレンジの広い写真になります。

 

まとめ

 

写真をレタッチするうえで、部分的な補正をかけることでより繊細な作品に仕上げることができます。特にルミノシティマスクは海外でもメジャーな手法となっています。レタッチのテクニックの種類自体はそんなに多くはないのでこれらをうまく組み合わせてよりよい作品作りにチャレンジしてみてください。