Category

【レタッチテクニック】実例でみるレタッチ作例 蔵王の樹氷

2018-02-19

Irisです。

 

今回も実際の作例を用いたレタッチテクニックをご紹介していきます。作例は蔵王の樹氷になります。

 

 

スポンサーリンク

 

 

撮影地

 

蔵王の樹氷は冬にしか見られない壮大で美しい風景です。樹氷の撮影ポイントは蔵王ロープウェイで樹氷高原駅〜地蔵山頂駅まで登ったところになります。

 

 

蔵王ロープウェイホームページはこちらになります。

http://zaoropeway.co.jp/ropeway/index.html

 

Exif情報

 

Exifとは撮影時の絞り、シャッタースピード、ISO感度、焦点距離を表示したものになります。Exif情報を参照することで撮影者がどのような設定で撮影したのか知ることができます。

 

今回の写真のExif情報は

 

カメラ;Nikon D810

レンズ;AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E  ED VR

測光モード;ハイライト優先

Exif;ISO64,70mm,f/8,1/8000s

 

となっています。

 

また、レタッチ前提としていますのでRAWファイルでの撮影は必須となります。

 

レタッチのイメージ

 

レタッチで1番重要なのが、レタッチ後の仕上がりをイメージすることです。仕上がりをどのようにしたいかによって、撮影時の設定やレタッチ手法が変わってきます。今回の作例では樹氷に光が当たっている感じを強調し、かつ朝日が出ているような黄金色を出すことにしました。色調補正のキーとして明暗別色補正を用いています。

 

実際のレタッチ手順

 

それでは今回の作例のレタッチ手順の解説に移ります。

 

・ハイライト、シャドウの調整

・白レベル、黒レベルの調整

・シャープ、ノイズ軽減

・色収差を除去、プロファイル補正

・明暗別色補正

・Photoshopでハイパスフィルターをかける

・PhotoshopでNik Collectionを適用する

 

ハイライト、シャドウの調整

 

 

海外の風景写真のレタッチなどではよく用いられる手法ですが、ハイライト;−100、シャドウ;+100に補正します。大幅な補正となっていますが、ハイライトを下げ、シャドウを上げることで細部のディテールを引き出すことができます。

 

白レベル、黒レベルの調整

 

 

次に、白レベル、黒レベルの調整を行います。白レベルは画像のもっとも明るい部分、黒レベルは画像のもっとも暗い部分です。ヒストグラムの両端がいっぱいになるようにすることで明暗差を出していきます。ハイライト、シャドウの調整で全体的なコントラストを下げディテールを出しつつ、印象的な光を再現します。今回は白レベル;+60、黒レベル;−30としました。

 

スポンサーリンク

 

 

シャープ、ノイズ軽減

 

 

私が使用しているカメラとレンズではもともと解像感は高いのですが、ブラッシュアップとしてシャープ、ノイズ軽減をかけていきます。撮影時のISO感度が高いとノイズ軽減でのっぺりとした画像になることがあるので注意が必要ですが、今回はISO64での撮影でしたので最大までかけてしまいます。

 

色収差を除去、プロファイル補正

 

 

色収差とは少し難しいですが、色のにじみ、像の流れ、歪みなどにつながります。色収差を除去することでもやっとした印象を消すことができます。プロファイル補正とはAdobe社で提供しているレンズの欠点を補うものだと思っていただいて結構です。プロファイル補正をかけることでレンズの欠点を補正してくれます。この作業を行うことで使用しているカメラやレンズに対応した最適な補正をかけてくれます。

 

明暗別色補正

 

 

明暗別色補正が今回のメインとなる補正です。いわゆる色調補正といって、撮影者の意図を表現するものなので難しい部分もありますが、実際の画像を確認しながら調整できるのでチャレンジしてみてください。ハイライト色相;45、ハイライト彩度55、シャドウ色相75、シャドウ彩度6に調整し、黄金色の雰囲気を出してみました。

 

以上でLightroomでの補正は完了です。ここからPhotoshopに画像を受け渡して追い込みをしていきます。画像を右クリック→「他のツールで編集」→「Adobe Photoshopで編集」を選択します。

 

Photoshopでハイパスフィルターをかける

 

 

画像をシャープにするためにPhotoshopでハイパスフィルターをかけます。

 

ハイパスフィルターの使い方についてはこちらの記事をご覧ください。

 

【Photoshop】ハイパスフィルターで画像をシャープにする

 

PhotoshopでNik Collectionを適用する

 

Photoshopで使える有効なプラグインでNik Collectionというものがあります。今回はNik Collectionのプロコントラストを使用して自然にコントラストを上げていきます。

 

Nik Collectionの導入方法についてはこちらの記事をご覧ください。

 

究極のレタッチツール!「Nik Collection」を使えば写真が劇的に変わる!

 

画面左上のメニュー→「フィルター」→「Nik Collection」→「Color Efex Pro 4」を選択します。

 

 

様々な設定項目がありますが、今回はプロコントラストを選択し、ダイナミックコントラストを100%に調整します。

 

フィルター適用後の画像です。効果が強いと感じた場合はレイヤーの不透明度を下げたり、レイヤーマスクで部分的に適用することもできます。

 

完成画像

 

 

完成画像がこちらになります。レタッチテクニックとしては、私がよく使っているルーチンのような手法です。加えて明暗別色補正を用いることで写真の仕上がりを調整してみました。調整パラメーターは撮影画像によって異なりますが、考え方は応用できるかと思いますのでぜひチャレンジしてみてください。

 

スポンサーリンク