カテゴリー

【Photoshop】ハイパスフィルターで画像をシャープにする

2018-02-19

Irisです。

 

今回は風景写真などにおいて画像をシャープにするテクニックをご紹介します。画像がシャープになることで風景写真が引き締まってより美しくみえることでしょう。また、SNSなど小さいサイズの画像でも画像がパキッとして、効果を感じやすいものになります。Photoshopを用いたテクニックになりますが、手順はとても簡単なものになります。

 

※ポートレートなどの人物写真などでは使用しないほうがよい場合もあります。

 

スポンサーリンク

 

 

 

ハイパスフィルターとは

 

ハイパスフィルターは画像のエッジ部分のみ強調してシャープにする手法です。目立つ部分をより強調することでメリハリの効いたシャープをかけることができます。ブレた写真やピントが甘い写真にかけることでスッキリさせることも可能です。風景写真においては割とメジャーなテクニックにはなりますが、ポートレートなどの人物写真などで使用すると肌の質感も目立たせてしまうので注意してください。

 

実際の手順

 

それでは、実際の手順について説明していきます。操作自体はとても簡単ですので深く考えずに覚えてしまってもよいかも知れませんね。

 

・レイヤーを複製する

・ハイパスフィルターをかける

・数値を2〜4pxに設定

・描画モードを「オーバーレイ」に

・不透明度の変更、重ねがけも可能

 

まずは、Lightroomで基本的なレタッチを施していきます。

 

 

Lightroomで編集後、Photoshopにデータを渡します。Lightroom上で「右クリック」→「他のツールで編集」→「Adobe Photoshop CCで編集」を選択します。

 

レイヤーを複製する

 

 

ハイパスフィルターはフィルターの1種なのでフィルターをかける用のレイヤーを複製します。背景レイヤー上で「右クリック」→「レイヤーを複製」かショートカットで「Commmand+J(WindowsではCtrl+J)」でレイヤーを複製します。

 

ハイパスフィルターをかける

 

 

複製したレイヤーに対してハイパスフィルターをかけていきます。「フィルター」→「その他」→「ハイパス」を選択します。

 

スポンサーリンク

 

 

数値を2〜4pxに設定

 

 

ハイパスフィルターを選択すると、上のような画面になり、数値を設定できます。もとの画像サイズや効果をどれほどかけたいかにもよって変わってきますが、一般的には「2〜4px(ピクセル)」がよいみたいです。

 

今回は4pxにしてハイパスフィルターをかけてみました。

 

 

すると、画像がグレーになってしまいます。しかしこれは画像のエッジ部分のみ抽出したものと考えていただいて結構です。これから元画像に効果をかけて、きちんとした写真に見えるようにしていきます。

 

描画モードを「オーバーレイ」に

 

 

レイヤーの描画モードを「オーバーレイ」にします。レイヤーの上部にある「通常」というところを「オーバーレイ」に変更します。オーバーレイモードでは明るいところはより明るく、暗いところはより暗くするような効果があります。

 

 

オーバーレイに変更したところ、このようになり、画像をパキッとさせることができました。

 

不透明度の変更、重ねがけも可能

 

こちらはさらに追い込みをかける小技にはなりますが、ハイパスフィルターをかけたレイヤーの不透明度を調整することで、効果を少し弱めることができます。また、効果を強めたい場合はハイパスフィルターがかかったレイヤーを複製することで重ねがけすることができます。いづれの場合も実際の画像を確認しながら調整できるのは便利ですね。

 

完成画像

 

 

完成画像がこちらです。見違えるような変化ではありませんがハイパスフィルターをかけることで画像をシャープにすることができました。個人的にはSNSなどで画像を見た時にシャープ感が出てよいかな、と思っています。手順はとても簡単なのでぜひチャレンジしてみてくださいね。

 

スポンサーリンク