Category

【Photoshop】Photoshopでポートレートに光を加える

2018-02-19

Irisです。

 

今回はポートレートに光を加えてドラマチックな印象にするレタッチテクニックをご紹介します。Photoshopを使用しますが、作業はとても簡単ですのでチャレンジしてみてくださいね。

 

作例は手持ちの画像で使用可能なものがなかったので、フリー素材のものをサンプルとして説明していきます。

 

スポンサーリンク

 

 

 

光を加えることで映画のような印象に

 

まずは作例をみていただくとわかりやすいかと思いますが、光を加えることで、まるで映画のような印象に仕上げることができます。よくポートレートは逆光で撮ると綺麗な写真になると言われますが、人工的に光を加えてアクセントとすることができるでしょう。

 

実際の手順

 

・ブラシツールで光を加える

・描いた光にぼかしフィルターをかける

 

ファイルを開く

 

まずはPhotoshopでファイルを開きます。Photoshop起動後、左上メニューから「ファイル」→「開く」もしくは、「command+O(オー)(WindowsではCtrl+O)」で開きます。

 

 

新規レイヤーの作成

 

次に、光用のレイヤーを新たに作成します。

 

 

右下の赤枠で囲ったところをクリックするか、左上メニューから「レイヤー」→「新規」→「レイヤー」→レイヤーの名前をつけ、OKをクリックします。ショートカットキーでは「command+shift+N(WindowsではCtrl+shift+N)になります。

 

 

元画像は背景レイヤーという名称で、その上に新しく作成したレイヤーができているかと思います。ちなみに面倒でもレイヤーには名前をつけたほうがSmartのようですね。新しく作成したレイヤーはまだ何も描かれていないので透明となっており、背景レイヤーの元画像がそのまま表示されています。

 

ブラシツールの使用

 

それではブラシツールで光を加えていきたいところですが、まずはブラシツールの使用方法について少しご説明します。

 

 

ブラシツールは赤枠で囲った部分です。ショートカットキーでは「B」になります。ブラシに関しては実際にいじってみたほうが覚えるのが早いかも知れません。先程作成した新しいレイヤーを選択した状態で何か描いてみましょう。

 

 

適当に描いたらこのようになりました。次は少しブラシの設定についてみていきましょう。

 

ブラシの調整

 

 

ブラシの微調整については左上の1300などの数字が表示されている部分をクリックするとプルダウンメニューが開きます。

 

 

ブラシの種類ですが、画像のような境界がなだらかになっているものが使いやすいかと思います。大きさは画像によって調整しましょう。硬さは低いほうがよりなめらかになります。

 

 

次に、ブラシの不透明度、流量、滑らかさも調整します。基本的には低いほうが滑らかになりますが様子をみながら使ってみてください。

 

スポンサーリンク

 

 

ブラシツールで光を加える

 

それではさっそく光を加えてみましょう。レイヤーはPhotoshopならではの機能で、失敗してもやり直すことができますのでまずはチャレンジしてみます。

 

今回は光を加えるので線を描くのではなく、ブラシツールで1度クリックして円を描きます。

 

 

ブラシツールでは色も選択することができます。赤枠で囲った部分をクリックするとカラーピッカーが起動しますので好みの色を選びましょう。今回は白で光を描いてみます。

 

 

ブラシで光を描くとこのようになりました。コツとしては、不透明度、流量などを低めにして、何回か重ねること、サイズを大きめにすること、顔にかかるかかからないかの位置に円を描くことがあげられるかと思います。

 

失敗したら

 

 

失敗したと思っても安心してください。Photoshopではやり直しが可能です。方法としては、新しく作成したレイヤーを右クリックで削除してもう1度やり直しするか、右上のヒストリーというところからいくつか前のアクションに戻ることが可能です。

 

描いた光にぼかしフィルターをかける

 

 

ブラシで光を描くとそれらしい雰囲気になりましたね。ただこのままでは少し不自然なのでぼかしフィルターをかけていきます(特にブラシを重ねた場合は円の外側の線が残ってしまいます)。左上メニューから「フィルター」→「ぼかし」→「ぼかし(ガウス)」をクリックします。

 

 

すると、ぼかしの半径を調整する画面がポップアップしてくるので画面のプレビューをみながらお好みで調整します(画像サイズによっても異なってきます)。今回は250pixelに設定しました。

 

完成画像

 

 

今回はブラシツールでポートレートに光を加えるテクニックをご紹介しました。光を加えることで、逆光時のポートレートのようなドラマチックな印象にすることができますのでぜひ挑戦してみてください。

 

ご質問などありましたらお待ちしております。

 

スポンサーリンク