Category

【レタッチテクニック】彩度を抑えてコントラストを上げる

2018-02-19

Irisです。

 

今回はPhotoshopでのレタッチテクニックのご紹介です。コントラストを上げると彩度も上がってしまいます。今回ご紹介するテクニックを使えば海外写真のような、コントラストは高いながらも彩度は抑えめの印象的な写真に近づけることができるでしょう。

 

 

スポンサーリンク

 

 

コントラストを上げると彩度が上がる

 

コントラストは画像の明暗差のことです。コントラストを上げると画像の眠さは薄くなりますが彩度が上がってしまいます。これはコントラストを上げることで明るい部分はより明るく、暗い部分はより暗くなることによるものです。明るい部分は白に近づいていくのでよいのですが、暗い部分は色も濃くなっていくので結果的に彩度も上がってしまう、という訳です。

 

彩度の高い写真が好まれる場合もありますが、やり過ぎると「色飽和」といってつぶれたような色になってしまいますし、コントラストがついた明暗差のある写真では彩度が高いと全体的にしつこい印象が出てきます。

 

描画モードを「輝度」に

 

描画モードはPhotoshopで下のレイヤーに対してどのように合成するかを調節します。デフォルトは「通常」となっていますが、様々な重なり条件を選択することができます。

 

趣旨とは少しそれますが描画モードについて説明してみます。試しに同じ画像を2枚用意します。

 

 

赤枠で囲ったところが描画モードの選択画面です。上のレイヤーのレイヤーパネルから描画モードを変更できます。

 

ここではレタッチ上級者でよく使われる「乗算」と「スクリーン」を例にあげてみましょう。

 

「乗算」では色と色の掛け合わせを行います。そうすることで暗い部分がより暗くなる、という特徴があります。

 

 

「乗算」ではもとの輝度より暗くなるのが特徴です。明るい部分はそのままで置き換えられないようになっています。

 

「スクリーン」では「乗算」と逆の効果になります。明るい部分がより明るくなり、全体的に明るい画像になります。

 

 

「スクリーン」ではもとの輝度より明るくなるのが特徴です。暗い部分はそのままで置き換えられないようになっています。

 

本題である「輝度」は難しい説明になってしまいますが、「基本色の色相および彩度と、合成色の輝度を使用して、結果色を作成する」となっています。つまり、上のレイヤーの輝度のみを合成するということになります。彩度は合成されないので結果的に彩度を抑えることができます。

 

2枚の同じ画像レイヤーに対して「輝度」ブレンドを使用しても2枚の画像の輝度はもともと同じなので得られる画像は変わりません。そこで、新規トーンカーブを追加して効果を確認します。

 

トーンカーブは左上メニューから「レイヤー」→「新規調整レイヤー」→「トーンカーブ」を選択します。トーンカーブを追加してコントラストをあげてみます。

 

トーンカーブの使い方についてはこちらの記事もご覧ください。

 

【レタッチテクニック】トーンカーブの基本を知ろう!

 

 

トーンカーブでコントラストを上げたので明暗差はよく出ていますが、前述の通り彩度が上がってしまっています。ここで、描画モードを「輝度」にしてみましょう。

 

 

彩度が抑えられつつ、コントラストが上がっているのがお分かりいただけますでしょうか。描画モードの「輝度」を使用することで上品な雰囲気に仕上がりました。「輝度」ブレンドは手順はとても簡単で風景写真だけでなく、ポートレートなどにも有用です。

 

使用例

 

上述の例ではトーンカーブを用いてコントラストを上げた写真に「輝度」ブレンドを使用するパターンですが、使用例として私がよく使うパターンをご紹介します。

 

Camera Raw フィルター

 

 

 

スポンサーリンク

 

Camera RawフィルターはPhotoshopでLightroom同様のレタッチができるツールです。

 

 

まずは元画像をコピーします。Photoshopでは元画像を残しておくことでいつでもレタッチ前の状態に戻せるので元画像をコピーしてから作業するのは基本になります。左上のメニュー→「フィルター」→「Camera Raw フィルター」を選択するとLightroomと同様の画面で各種パラメーターの調整ができます。今回はハイライト、シャドウ、白レベル、黒レベルの調整を行い結果的にコントラストと彩度も上がりました。

 

 

レイヤーの描画モードを「輝度」にすることで彩度を抑えることができました。

 

覆い焼き、焼き込みツール

 

 

覆い焼きツールは画像の明るい部分をより明るくし、焼き込みツールは逆に暗い部分をより暗くします。調整したい部分をブラシでなぞることで効果を適用させることができます。

 

 

今回は覆い焼きツールを利用して道路の部分を少し明るくしてみます。基本となる元画像のコピーをした後、覆い焼きツールで道路の明るくしたい部分をブラシでなぞっていきます。

 

 

覆い焼きツールを使うことで明るい部分をより明るくすることはできたのですが、画像全体が青みをおびていたためなぞった部分が青くなってしまいました。

 

 

レイヤーの描画モードを「輝度」にすると明るい部分の輝度のみ残すことができるので青みが消えました。覆い焼きを施した画像の彩度を下げることもできるのですが画像全体の彩度も下がってしまいます。このように部分的に調整を行った際にも「輝度」ブレンドを用いるのは有用です。実際私も覆い焼き→「輝度」ブレンドの手順は頻用しています。

 

今回はレイヤーの描画モードを「輝度」にすることで彩度を抑えてコントラストを上げるテクニックについてご紹介しました。使用例でのCamera Raw フィルターや覆い焼き、焼き込みツールだけでなく、画像の明るさやコントラストを調整した際にも役立ちますのでぜひ使ってみてください。

 

スポンサーリンク