カテゴリー

【Lightroom】円形フィルターを複数用いて写真に明暗差をつける

2018-02-19

Irisです。

 

今回は写真に明暗差をつける方法についてご紹介していきます。使用するのはLightroomの円形フィルターですが、複数使用することで写真に明るい部分を作っていきます。写真においては光と影が重要ですが、光の部分を円形フィルターで強調し、ドラマチックな印象を目指します。

 

今回のテクニックもLightroomだけで完結しますので比較的チャレンジしやすいかも知れません。写真に明暗差をつけるテクニックは海外でも多用されていますのでぜひ試してみてくださいね。

 

今回の作例は福島県猪苗代町にある逹沢不動滝という場所です。四季折々で美しい光景を見せてくれる素晴らしいスポットですね。

 

スポンサーリンク

 

 

円形フィルターとは

 

円形フィルターとはLightroomの便利な機能の1つで、円の内側(あるいは外側)にだけ補正をかけることができます。私がよく使うのは円形フィルターで部分的に明るくして、スポットライトのような効果を狙う使い方です。今回は画像に明暗差をつけるために円形フィルターを複数使用するテクニックについての説明になります。

 

円形フィルターの使い方についてはこちらの記事もどうぞ。

【レタッチテクニック】 Lightroomで写真の明るさを部分的に変えてみる

 

明暗差のつけ方

 

 

海外Photographerの間では写真に明暗差をつけていくテクニックは多用されているようです。上の画像はフリーサイトからお借りしたものですが、明暗差がよく出ていて引き込まれるような写真ですね。

 

明暗差をつける具体的な方法としては、光が当たっている部分をより明るくして、よりドラマチックにしていく形になります。慣れるまでは光の読み方が難しいのですが、何度もチャレンジすることでうまく光を活かすことができるようになるでしょう。

 

実際の手順

 

それでは、実際の手順について説明していきます。

 

・露光量は全体的に暗めに

・光が当たっている部分を円形フィルターで明るくする

・円形フィルターを複製し、複数箇所に補正をかける POINT!

 

大まかに分けるとこのようになりますが、これから細かく説明していきます。

 

スポンサーリンク

 

 

露光量は全体的に暗めに

 

 

今回は円形フィルターでスポットライトのような効果を出すために、まずは全体的に暗めに補正します。基本補正はLightroomで簡単に調整できますね。

 

今回の作例では撮影時の時点で少し暗めに撮影しておきましたので露光量は補正していませんが、場合によっては露光量をマイナス補正するとよいでしょう。それ以外に微調整として、HSLパネルを使った色別補正、シャープ処理などは行いました。

 

光が当たっている部分を円形フィルターで明るくする

 

次に、光が当たっている部分を強調するために円形フィルターを使用していきます。

 

 

円形フィルターはLightroomの画面右上の赤枠で囲った部分から使用します。

 

 

円形フィルターをクリックすると「+」のポインターが出てくるので適当な方向にドラッグすると上の画像のように円形の部分が選択されます。円の大きさなどは直感的に操作しやすいかと思いますので割愛させていただきますが、正円にしたい場合は「Shiftキーを押しながらドラッグ」で可能になります。

 

まずは右上の紅葉の部分に光が当たっているのでさらに明るくしてみましょう。

 

 

赤枠で囲ったところは円形部分にのみかかる補正です。今回は効果をわかりやすくするために、「露光量+2.00」にしてみました。注意点としては、デフォルトだと円形部分の外側に補正がかかってしまうので「マスクを反転」をクリックすることで、円の内側に補正をかけることができます。また、境界部分を滑らかにするには「ぼかし」をプラス側に補正するとよいでしょう。

 

円形フィルターを複製し、複数箇所に補正をかける

 

ここからが今回のテクニックのポイントになります。まずは円形フィルターで1部分のみ明るくしましたが、光の当たり具合を見て画像の様々な部分にも同様の効果をかけていきます。

 

円形フィルターを手動で1つずつ追加することもできるのですが、場所に応じて露光量なども設定し直さないといけないので今回紹介する「円形フィルターの複製」が大変便利です。こちらはショートカットキーが便利ですので覚えてみてください(右クリック→複製でも可能です)。

 

Mac;command+optionを押しながらドラッグ

Windows;Ctrl+Altを押しながらドラッグ

 

 

円形フィルターをいくつか複製してみました。少しわかりにくいですが、ピンが複数設置されていて、これら全てに露光量+2.00の補正がかかっています。

 

補正内容は全て同じものにしましたが、ピン別に円のサイズなど微調整できますので様子を見ながら複製してみてくださいね。

 

完成画像

 

 

 

円形フィルターを複数適用して完成した画像がこちらです。光の部分をより強調して海外風なレタッチに近づきました。今回のテクニックはLightroomのみでレタッチ可能ですので是非チャレンジしてみてくださいね。

 

次は、Photoshopでのレイヤーマスクを使って明暗差をつける方法についても記事にしたいと考えています。

 

スポンサーリンク