Category

【レタッチテクニック】実例でみるレタッチ作例 福島県相馬市 松川浦の朝焼け

2018-02-19

Irisです。

 

今回も実際の作例を用いたレタッチテクニックをご紹介していきます。作例は福島県相馬市の松川浦の朝焼けの写真です。Lightroomだけで完結できますので試してみてくださいね。

 

スポンサーリンク

 

 

 

撮影地

 

撮影地は福島県相馬市の松川浦というところです。

 

 

撮影地詳細はこちらです。神社があり、その先に1台分ほど車を停めても邪魔にならないスペースがあります。

 

Exif情報

 

Exifとは撮影時の絞り、シャッタースピード、ISO感度、焦点距離を表示したものになります。Exif情報を参照することで撮影者がどのような設定で撮影したのか知ることができます。

 

今回の写真のExif情報は

 

カメラ;Nikon D810

レンズ;AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E  ED VR

Exif;ISO64,24mm,f/22,61s

 

となっています。

 

撮影時のポイント

 

今回の作例は朝焼け時の薄暗い状況での撮影でした。このような状況では適切な明るさにするためにISO感度を上げるか、シャッタースピードを長くする必要があります。ISO感度を上げると写真にざらつきが出てしまうのでシャッタースピードを遅くし、三脚を使用して撮影を行いました。

 

また、プラスアルファのテクニックとして、レンズに取り付けるフィルターを利用しています。作例では空の朝焼けが白飛びしないように「ハーフNDフィルター」と、水面をなめらかに写すために「ND16フィルター」を使用しました。

 

さらに、シャッタースピードは61秒と、約1分となりますのでカメラがブレないようにレリーズケーブルを使用しました。レリーズケーブルは純正でなくても機能は変わりないものも多いので私はロワジャパン製のものを使っています。

 

実際のレタッチ手順

 

それでは今回の作例のレタッチ手順の解説に移ります。

 

・傾きの調整

・センサーのゴミ除去

・シャープ、ノイズ軽減をかける

・色収差を除去、プロファイル補正

・露光量の調整

・ハイライト、シャドウの調整

・白レベル、黒レベルの調整

・色別補正で朝焼けを赤みを強調する

・明暗別色補正で朝焼けを鮮やかにする

 

・自然な彩度を上げる

 

傾きの調整

 

 

まずは水平線をきちんととれるように傾きを調整していきます。撮影時に水平レベリングできちんと水平をとらないといけないのですが、今回は少し水平線がずれていましたので補正をかけていきます。

 

失敗してしまったのはご愛嬌ということでお許し願いたいところですが、Lightroomでは画面右上の赤枠で囲ったところで簡単に調整できますのでレタッチ時の修正が可能です。傾き修正、トリミングを行うと画像サイズが若干小さくなってしまいますが、最近は高画素のカメラも多いので多少の画素数低下でも問題にならない場合も多いです。

 

センサーのゴミ除去

 

 

カメラを長く使っているとどうしてもイメージセンサーにゴミが付着してしまいます。私のクリーニング不足もあるのですが、写真の出来栄えに影響してきますのでLightroomのスポット修復ブラシツールでゴミを簡単に消すことができます。

 

 

スポット修復ブラシツールは画面右上の赤枠で囲ったところです。詳しい方法はある程度割愛させていただきますが、ブラシのサイズを調整し、ゴミの部分をクリックすると周りの部分とうまくなじませてくれます。ちなみにPhotoshopでは「コンテンツに応じた塗りつぶし」ツールも同様の機能になっています。

 

 

少し分かりづらいですが、センサーのゴミを除去することができました。手間にはなりますが、作品としてレタッチする場合にはゴミ除去を行った方がよいでしょう。

 

スポンサーリンク

 

 

シャープ、ノイズ軽減をかける

 

 

風景写真においては画像のシャープさは重要になってきます。今回は後で色調補正を行いますので先にシャープとノイズ軽減をかけておきます。

 

色収差を除去、プロファイル補正

 

 

色収差とは少し難しいですが、色のにじみ、像の流れ、歪みなどにつながります。色収差を除去することでもやっとした印象を消すことができます。プロファイル補正とはAdobe社で提供しているレンズの欠点を補うものだと思っていただいて結構です。プロファイル補正をかけることでレンズの欠点を補正してくれます。この作業を行うことで使用しているカメラやレンズに対応した最適な補正をかけてくれますのでぜひ使用してみてくださいね。

 

レンズプロファイルについは周辺光量落ちを改善してくれるのですが、今回はドラマチックな印象にするために敢えてOFFにしました。

 

露光量の調整

 

ここまでで画像の下準備が終わりましたので露出や色調補正など自分なりのアレンジを加えていきます。まずは元画像が明るすぎたり、暗すぎたりする場合があるので露光量を調整していきます。今回はほぼ適正でしたので調整はしていません。また、過度な補正は画像の破綻につながるので注意しましょう。やはり、撮影時にヒストグラムを確認するのがベストです。

 

ハイライト、シャドウの調整

 

 

次にハイライト、シャドウの調整をします。最近の海外のフォトグラファーではハイライトをMAXまで下げ、シャドウをMAXまで上げる場合が多いようです。この調整によりHDR風の写真になり淡いながらフォトジェニックな写真に近づけることができます。

 

白レベル、黒レベルの調整

 

 

次に、白レベル、黒レベルの調整を行います。白レベルは画像のもっとも明るい部分、黒レベルは画像のもっとも暗い部分です。ヒストグラムの両端がいっぱいになるようにすることで明暗差が出て印象的な写真になるんですね。今回の補正値は白レベルが+48、黒レベルが+20になるように補正しました。

 

色別補正で朝焼けを赤みを強調する


 

次に風景写真において出来上がりに関わる色調補正をしていきます。まずは色別補正を使っていきましょう。今回の作例は朝焼けということで赤、オレンジの彩度を上げて色相も調整しました。

 

明暗別色補正で朝焼けを鮮やかにする

 

 

ここから大きな変化を加えていきます。使用するツールは明暗別色補正になります。明暗別色補正を使用することでハイライト、シャドウについて別々に色のアレンジを加えていきます。今回はハイライトのみ赤系の彩度を上げてよりドラマチックな印象にしてみました。

 

自然な彩度を上げる

 

 

それでは最後の仕上げになります。自然な彩度を上げてさらに鮮やかにしてみました。上げすぎは色飽和(色が潰れてディテールが失われる現象)の原因にもなりますのでお好みで、といったところでしょうか。

 

完成画像

 

 

完成画像がこちらです。今回は色調補正を行いドラマチックにレタッチしてみました。色調補正は難しい部分もあるのですが、チャレンジしてみることで徐々に自分好みの色を出せるようになっていくでしょう。

 

質問がありましたらいつでもご遠慮なくご連絡くださいね。

 

スポンサーリンク