Category

【レタッチテクニック】実例でみるレタッチ作例 那須 乙女の滝

2018-02-19

Irisです。

 

今回は実際に私が撮影した写真のレタッチ手順について、ご紹介していきます。普段はPhotoshopと連携させて追い込みを行うのですが、初心者の方にも実践しやすいようにLightroomでの基本的な補正について説明していきましょう。

 

スポンサーリンク

 

 

今回作例で使用する写真は那須の乙女の滝です。

 

 

あまり地名度は高くないようですが、駐車場からのアクセスもよく美しい光景を見ることができるでしょう。

 

 

Exif情報

 

Exifとは撮影時の絞り、シャッタースピード、ISO感度、焦点距離を表示したものになります。Exif情報を参照することで撮影者がどのような設定で撮影したのかわかりますので勉強になりますよ。

 

今回の写真のExif情報は

 

カメラ;Nikon D810

レンズ;AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8E FL ED VR

Exif;ISO64,70mm,f/11,1.3s

 

となっています。

 

撮影時のポイント

 

レタッチも完成写真に影響してきますが、まずは撮って出しの状態でいい写真を撮ることが重要です。風景写真においては光を活かすことでフォトジェニックな写真にすることができるでしょう。

 

とりわけ風景写真において私が心がけているのが明暗差になります。明るい部分と暗い部分を見極めて撮影することでドラマチックで印象的にすることができます。

 

また、Nikonのカメラについてはシャドウ部分の情報が豊富です。撮影後にヒストグラムを確認して、白飛びがないような露出で撮影すると後処理がしやすくなります。より階調を引き出したい場合はRAWでの撮影が必須となる点も注意してください。

 

実際のレタッチ手順

 

それでは今回の作例のレタッチ手順の解説に移ります。

 

・露光量の調整

・シャドウの調整

・白レベルを上げる

・黒レベルを下げる

・ハイライトの調整

・色別補正で緑を鮮やかにする

・シャープ、ノイズ軽減をかける

・色収差を除去、プロファイル補正

 

スポンサーリンク

 

 

露光量の調整

 

 

レタッチ前の画像がこちらです。

まずは露光量の確認をしていきます。撮影時にベストな露出にすることが理想ですが、Lightroomを使用すれば後から微調整することもできます。

 

 

画面右上でヒストグラムが確認できます。左側がシャドウ部分、右側がハイライト部分となっています。今回の作例は撮影時点で左右いっぱいにデータが残っており、白飛びも黒つぶれもありませんので適正露出といえるでしょう。今回は露出の調整はなしにします。

 

シャドウの調整

 

 

 

次にシャドウの調整をします。通常私がレタッチする際にはハイライトを先に調整するのですが、今回は全体的に暗い中での滝のハイライトを活かしたいのでシャドウを先に調整しました。

 

前述したとおり、RAWデータでは暗部の情報も豊富なので夜景などではシャドウを+100まで上げることもあります。今回はシャドウ部分をマイナス補正して暗部を引き締めました。この際、ヒストグラムを見て黒つぶれしないように注意する必要があります。

 

白レベルを上げる

 

 

次に白レベルを調整します。白レベルとは画像のもっとも明るい部分ですね。白レベルを上げることで明暗差を作っていきます。この際も白飛びには注意しないといけないので今回は若干のプラス補正を行いました。

 

黒レベルを下げる

 

 

次に黒レベルを調整します。黒レベルは画像のもっとも暗い部分です。こちらも同様に明暗差をつけるために黒つぶれしないように若干のマイナス補正を行いました。

 

ハイライトの調整

 

 

次にハイライトの調整です。通常ハイライトは先に調整するのですが、白レベルを調整しても明るい部分が足りなかったので滝の部分を明るくするために後から調整しました。同じく明暗差を意識してハイライトの調整をするのですが、滝のスポットライトを強調するのにハイライトを大きく上げました。結果として白飛びしていますが、仕上がりを考えて許容範囲と考えます。

 

色別補正で緑を鮮やかにする

 

 

次に風景写真において重要な色別補正をしていきます。私のカメラの設定ではフラットになっているので緑を鮮やかに補正します(フラットにしているのは情報が豊富になるためレタッチ耐性が高くなるためです)。

 

色別補正については別の記事でも紹介していますが、今回はグリーンの色相をプラス補正して鮮やかにしました。

 

シャープ、ノイズ軽減をかける

 

 

ここからは最後の仕上げに入っていきます。私の使っているD810はもともと高精細なのですがシャープをかけることでよりくっきりと仕上がります。また、必要に応じてノイズ軽減もかけていきます。この辺りの調整は好みに応じて調整してみてください。

 

色収差を除去、プロファイル補正

 

 

色収差とは少し難しいですが、色のにじみ、像の流れ、歪みなどにつながります。色収差を除去することでもやっとした印象を消すことができます。プロファイル補正とはAdobe社で提供しているレンズの欠点を補うものだと思っていただいて結構です。プロファイル補正をかけることでレンズの欠点を補正してくれます。この作業を行うことで使用しているカメラやレンズに対応した最適な補正をかけてくれますのでぜひ使用してみてくださいね。

 

完成画像

 

 

完成画像がこちらです。今回は大幅なレタッチは行っていませんが微調整をかけていくことでよりブラッシュアップされた作品になります。みなさんが撮影した写真に当てはまるとは限りませんがよかったら参考にしてみてくださいね。

 

スポンサーリンク