カテゴリー

【Photoshop】Photoshopで光芒をつくる

2018-02-19

Irisです。

 

今回はPhotoshopを用いて光芒を描くテクニックをご紹介します。光芒とは太陽などの一筋の光のことです。光芒が差す瞬間を写真に捉えることができれば美しい写真になることでしょう。しかし、そうはいかないことも多いかと思いますのでPhotoshopで作成してしまいましょう、という訳です。

 

写真に人間の手で光を加えることは賛否両論あるかと思いますが、クリエイティブなフォトレタッチ技法として知っておいて損はないかも知れませんので是非最後までお付き合いくださいね。

 

スポンサーリンク

 

 

光芒を描く手順

 

それでは光芒を描く手順の説明に入りますね。光芒を描く方法はいくつかあるのですが、実際に私もチャレンジしてみたなかで簡単だと感じた方法をご紹介します。

 

以下、手順をまとめたものになります。

 

・ハイライト領域の選択

・ハイライト部分のレイヤー作成

・ぼかし(放射状)ツールの使用

 

LightroomからPhotoshopへ連携する

 

 

まずは基本的な現像をLightroomで行います。現像後に写真を右クリック→「他のツールで編集」→「Adobe Photoshopで編集」を選択します。

 

Photoshopで開くと以下のような画面になります。Lightroomだけでもレタッチはじゅうぶん行えるのですが、さらに追い込むためにPhotoshopと連携することが簡単にできるようになっています。

 

 

ハイライト領域の選択

 

 

ハイライトとは画像の明るい部分でしたね。今回ご紹介する方法では画像のハイライト部分を抽出して光芒に変形させていきます。

 

まずは左上のメニューから「選択範囲」→「色域指定」をクリックします。

 

 

選択の部分がデフォルトでは指定色域になっていますが、この部分をハイライトにします。これによって画像のハイライト部分のみ抽出して選択できるようになります。

 

 

ハイライト部分の選択ですが、どの範囲まで選択するか「許容量」スライダーで調整できます。光芒を描くにあたってはハイライトが多い方がいいので許容量は最大まであげてよいでしょう。

 

OKをクリックでハイライト部分が選択され、点線で表示されるようになります。

 

ハイライト部分のレイヤー作成

 

 

ハイライト部分を選択したら、ハイライト部分のみ新しいレイヤーとして作成します。

色域指定でハイライト部分のみ点線で選択されている状態で「command+J(Ctrl+J)」をクリックでハイライト部分のみ新しいレイヤーとして作成することができます。こちらはショートカットとして覚えてしまった方が早いかも知れません。

 

すると以下のようになりました。

 

 

元画像のレイヤーを非表示にすると以下のようになります。

ハイライト部分のみ抽出されていますね。

 

 

スポンサーリンク

ぼかし(放射状)ツールの使用

 

 

ここからは選択したハイライト部分を光芒に変形させていきます。使用するのは「ぼかし(放射状)ツール」になります。選択部分を放射状に変形させることで光芒を作っていく形ですね。

 

画面左上メニューから「フィルター」→「ぼかし」→「ぼかし(放射状)」を選択します。

 

 

ぼかし(放射状)ツールを使用すると上の画面が現れます。

 

 

選択すると、いくつか項目を設定できるようになります。光芒を描くための設定としては、

量;100

方法;ズーム

画質;高い

に設定するとよいでしょう。

 

また、ぼかしの中心をドラッグで移動できます。今回は左上を中心として光芒を作成します。

 

光芒の完成

 

 

すると、このように光芒らしくなりましたね。

 

 

元画像を表示するとこのようになります。これから作成した光芒に微調整をかけていきます。

 

光芒の明るさ調整

 

 

これから光芒を調整していきます。先ほど作成した光芒は水の部分の青色がついてしまっているので明るくしてみますね。「明るさ・コントラスト」などでも調整できるのですが、今回は大幅に明るくしたいので「トーンカーブ」を使用します。

 

光芒レイヤーを選択した状態で左上メニューから「イメージ」→「色調補正」→「トーンカーブ」を選んでいきます。

 

 

すると、トーンカーブ調整パネルが開くでしょう。作例では大幅に明るくするために直線を思い切り持ち上げました。そうすることで光芒が明るくなり、それらしくなってきましたね。

 

光芒の位置調整

 

 

次に、光芒の位置を調整してみます。光芒のレイヤーを選択した状態で左上の「移動ツール」を用います。「移動ツール」をクリックすると光芒が自由に動かせるようになります。今回は洞穴から光が出ているような印象になるように位置をずらしていきます。

 

 

光芒のサイズ調整

 

 

光芒の位置をずらしたことで、下の部分に境界線ができてしまいました。このままでは不自然になってしまうので「拡大・縮小」ツールを使用して拡大します。

 

画面左上メニューから「編集」→「変形」→「拡大・縮小」をクリックします。

 

 

すると上のような画面になりますので四隅を好きなようにドラッグして拡大します。余談ですが、shiftキーを押しながらドラッグすると縦横比を固定しながら拡大・縮小できる(Photoshopに限らず他のソフトでも同様の場合が多いです)のでご存知でない方はこれを機会に覚えてみてもいいかも知れません。

 

 

するとこのように自然な形で光芒を作成することができました。

 

 

画面サイズに拡大表示するとこのようになります。

 

完成画像

 

 

完成画像がこちらです。本来光芒は自然に現れたものを撮影できればベストなのですが、今回ご紹介した方法を用いてクリエイティブな作品とすることもできます。上記手順は慣れてしまえば簡単に光芒を描くことができるのでぜひチャレンジしてみてくださいね。

 

ご質問などありましたらお待ちしております。

 

スポンサーリンク