カテゴリー

【レタッチテクニック】夜景を明るく鮮やかにレタッチしてみよう!

2018-02-19

Irisです。

 

今回は夜景のレタッチについてご紹介していきましょう。カメラを始めると夜景の撮影が楽しくなってきますね。夜景の撮影はレタッチすることで、さらに綺麗に仕上げることができます。今回はLightroomを用いて夜景写真のRAW現像で使えるテクニックをご紹介していきます。

 

夜景の現像についは難しく感じている方もいるかも知れませんが今回のステップで劇的に変わりますので試してみてくださいね。

 

ちなみにレタッチテクニックについは日本ではあまりオープンに公開されていないようで、海外では比較的オープンに公開されているフォトグラファーも多いです。海外サイトでは英語での解説になりますので抵抗がある方も多いと思いますが、当ブログでは海外での先進的なレタッチテクニックもわかりやすくご紹介していければ、と考えています。

 

よかったら私のTwitterも見ていただければ励みになります。

https://twitter.com/Iris_11ly

 

Lightroomの基本的な使い方についてはこちらの記事もどうぞ。

マスターして画像をぐっと綺麗にしよう!Lightroomの基本的な使い方

 

スポンサーリンク

 

RAWでの撮影がおすすめ

 

レタッチ手順の前にRAWでの撮影のメリットをお話しさせていただきます。RAWデータは生のデータとも呼ばれ、光の情報が豊富に入っています。それに対してJPEGは圧縮されたデータになるので情報が少ないのです。今回のように後からパラメーターを調整する場合はRAWデータの方が圧倒的に引き出せる情報量が多くなりますので、現像できる環境の方はRAWでの撮影をおすすめします。

 

三脚を使って長秒露光しよう

 

夜景の撮影はとても暗いため手持ちで撮るとISO感度が高くなってしまいます。ISO感度が高いとノイズが多くなってしまうだけでなく、レタッチした際にも画質があらくなってしまいます。夜景の撮影では可能な限り三脚を用いて低いISO感度で撮影すると美しい写真に仕上げることができますね。

 

三脚についてはこちらの記事もどうぞ。

持ってないなら今すぐ買うべき?三脚を初めに買った方がいい理由。

 

夜景のレタッチ手順

 

 

それではLightroomを用いて誰でも簡単にできるレタッチ手順について説明していきます。

7ステップに分けましたが操作自体は比較的簡単です。実際のレタッチ前後の写真を見てください。たったこれだけで綺麗な写真に生まれ変わるのでぜひチャレンジしてみてくださいね。

 

 

①ハイライトを下げる

②シャドウを上げる

③露光量を上げる

④白レベルを上げる

⑤黒レベルを下げる

⑥ホワイトバランスを調整

⑦自然な彩度を上げる

 

実際のレタッチ手順

 

それでは実際にレタッチの手順をみていきましょう。今回のテクニックはLightroomの基本補正を用いてレタッチしていきます。夜景のレタッチでは各項目を大幅に補正するのでRAW画像を使用して説明していきますね。

 

今回素材として使うのはこちらの写真です。

 

 

このままではまだ少し暗い写真ですね。この写真をLightroomを用いたレタッチで明るく鮮やかにしていきましょう。

 

①ハイライトを下げる

 

 

まずはLightroomでRAW画像を開き現像にとりかかります。最初の手順ではハイライトを-100まで大幅に下げます。あとで画像全体を明るくするのですが、全体を明るくしたときにもともと明るい部分が白く飛んでしまうのを防ぐためです。

 

②シャドウを上げる

 

 

次のステップでは、元画像では暗い部分が多いのでシャドウを+100まで大幅に上げます。この状態では少しわかりにくいですが、暗部が全体的に持ち上がっている状態になっています。シャドウの情報量については断然RAWファイルの方が多いので、やはりレタッチではRAWファイルからの現像がおすすめです。

 

③露光量を上げる

 

 

ここまでで下準備を行なってきましたが、次のステップにいきましょう。次は露光量を大幅に上げます。今回は+2.00まで上げました(もとの画像の明るさによって調整量は変えてみてください)。画像をみていただくとわかるかと思いますが、露光量を大きく上げることでそれらしい写真になってきましたね。ここまででも明るく鮮やかになっていますがさらに補正をかけていきます。

 

スポンサーリンク

 

④白レベルを上げる

 

 

次に、白レベルを調整していきます。白レベルとは画像のもっとも明るい部分になります。今回は白レベルを+50まで上げて明るい部分をさらに明るく補正しました。なお、白レベル調整によって白とびが発生してしまう場合がありますが、多少の白とびであれば問題ない場合も多いです。

 

⑤黒レベルを下げる

 

 

次に、黒レベルを調整していきます。黒レベルとは画像のもっとも暗い部分になります。今回は黒レベルを-40まで下げて暗い部分をひきしめました。ハイライトとシャドウは全体の明るい部分と暗い部分を調整しますが、白レベルと黒レベルを調整することで画像にしまりを与えてくれます。

 

⑥ホワイトバランスを調整

 

 

次はホワイトバランスを調整してみます。色温度を下げると寒色方向に、色温度を上げると暖色方向に色味が変わっていきます。Lightroomではスライダーが青から黄色になっているので直感的にもわかりやすいかと思います。今回は青みを出すために色温度を少しだけ下げました。

 

⑦自然な彩度を上げる

 

 

最後の仕上げとして自然な彩度を上げて鮮やかにしていきます。鮮やかにする項目としては「自然な彩度」と「彩度」がありますが、「彩度」は全体的に鮮やかになるのに対し、「自然な彩度」では色が薄い部分のみ補正してくれますので自然な感じに仕上げることができます。今回は自然な彩度を+40に補正しました。

 

完成

 

 

まとめ

 

それでは7つのステップのおさらいです。

 

①ハイライトを下げる

②シャドウを上げる

③露光量を上げる

④白レベルを上げる

⑤黒レベルを下げる

⑥ホワイトバランスを調整

⑦自然な彩度を上げる

 

夜景はとても美しく、見る人の心に焼き付けることでしょう。今回のテクニックを使って綺麗な写真に仕上げてみましょう。

 

スポンサーリンク