【Audi】(中古)Audi A3セダンを契約してきました

【Audi A3セダンを中古で購入】

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

 

この度Audi A3セダンを中古で購入、契約してきました。私自身、輸入車を所有するのが初めてで、輸入車の購入費用、維持費など金額について知りたい方もいるかと考え、記録として残したいと思います。

 

A3セダンは個人的に好きで購入したのですが、メーカーや車種が異なっても輸入車について興味がある方の参考になれば幸いです。

 

車両の年式、走行距離等

 

A3セダン(アウディ)の歴代モデル・グレード別カタログ情報|中古車なら【グーネット】
A3セダンの中古車カタログを一覧で見る。歴代カタログから最新のアウディ情報もチェック!中古車・中古車情報のことなら【グーネット中古車(Goo-net)】!中古車登録台数が豊富だから、あなたにピッタリな1台が見つかるはず。「あんしん、まる見え」のID車両ならこだわりがある方も更に安心して中古車選びができます。お役立ち情報...

 

 

購入したモデル:Audi A3 30TFSIスポーツ(FF)

年式:2020.8月

走行距離:19,000km

 

中古車両もそれなりに出回っているのですが、今回は自宅から通える範囲のディーラーの認定中古車を買うことにしました。現車を見て決めることができたのも大きかったです。

 

グレードは何種類かありますが、真ん中くらいのグレードになり、十分な装備が付いていました。Audi自慢の4WDシステムを持つクワトログレードもありましたがこちらはやはり値段が高くなります。

 

ちなみにAudi A3の現行型は2021.5月から販売されています。今回私が購入したのが1世代前の2019.10月モデルになります。

 

デザインはやはり現行型と比べるとやや古さを感じますが、Audiらしさは健在です。世代的には1世代前にはなりますがマイナーチェンジ済のモデルのため不具合対策などの点からも完成度は高いと思います。

 

3年落ちですが、試乗車、代車として使われていたようで走行距離もそこまで多くはなかったです。メーカーの認定中古車になるためアフターサポート(有償の延長保証等)が充実しているのも安心感がありました。また、Audiはオプションが高く、中古車であればオプション込みの価格になるのもお買い得な点かと思います。

 

なお、現行型を新車で買うことも検討したのですが、Audiの場合車体価格に加えてナビゲーションパッケージ、コンビニエンスパッケージがほぼ必須になりなんと80万円くらい?上乗せになってしまい金額的に厳しいので諦めました。いわゆる必須オプション価格が高額になるので実際の購入金額は車両本体価格からかなり上乗せされる形になると思います。

 

また、輸入車は値段が下がるのが早く、中古車を買う側としては比較的リーズナブルに買えるのもメリットかと思います(その分リセールもあまり期待できないですが・・・)。

 

見積もり内容

 


こちらが実際の見積書になります。ボディ色ですが、今回はやや不人気のシルバーを選んだため相場より安くすんでいます(白や黒は人気があります)。むしろ輸入車だからか国産よりも安い気がしますね・・・。

 

接客対応してもらう中で職業について自然な流れで聞かれましたが、販売する側もある程度購入する側の見極めをしている可能性もあります。営業さんの全体的な対応は丁寧でよかったです。帰宅後の勧誘のTELなどもありませんでした。

 

付属品ですが、最低限のものを選択しました。営業さんからの押し売りはなく、不要なものは快くカットしてもらえました。

 

ETCは車載器が付いていればセットアップは強制になるのでカットできない項目です。

 

フロアマットも最近ではAudiに限らず前オーナーのものは使わず新しく購入になる場合が多いようです。メーカーのロゴが不要であれば社外品や汎用品をネットで買えば節約できる部分かと思います。

 

カーフィルムですが、もともと試乗車だったためリアガラスが透明になっていました。セキュリティ面と見た目を考え今回納車時に付けてもらうことにしました。こちらも専門店の方が安く済むとは思いますが、調べたところ大幅に安くなる訳ではなさそうだったので手間を考えディーラーでの施工をお願いしました。なお、Audi純正フィルムの透過度は車種によって異なるそうでA3では透過度20%とのことでした。

 

他の付属品としてドアバイザーなどもありますが、輸入車では付けないのがスタイリッシュなイメージなので今回は付けませんでした。

 

次に諸費用についてになります。なお、今回初回車検のタイミングでの購入なので車検の際の法定費用も含まれております。

 

検査登録手続代行費用:50600円

車庫証明手続代行費用:28600円

継続検査代行手数料:20900円

合計:100100円

 

となりました。この金額が高いか安いかは個人の感覚にもなるかと思いますが、認定中古車だと納車前点検・整備費用が含まれているので自分的には許容範囲内と感じました。納車前点検・整備はどの程度されているかいささか不安なところもありますが、Audiでは100項目の点検を実施しているとHPに明記されているのである程度は安心して良さそうです。

 

車庫証明手続き代行費用などは他社と比べると高いですが、ディーラーでも手間がかかるでしょうし利益も必要かと思いますので特に指摘はしていません。ただ、中古車業界では不穏なニュースもありましたので金額に不明な点があれば確認した方がよいと思います。※個人的に多少お金を払ってもきちんとした仕事をしてくれるのであれば問題ないと考えています。

 

ちなみに希望ナンバー手続はサービスで入れてくれました。ディーラーによってはこちらもプラスでかかるところも多いと思いますのでご注意ください。

 

また、輸入車ですと故障が怖い(高額になるケースがあるため)ので延長保証を付けられる最大期間でお願いし、デフォルトで付帯する認定中古車1年保証に加え、有償延長保証(2年、111000円)に加入し、合計購入時から3年間の保証を付けることができました。

 

メンテナンスパックについては、調べたところAudiフリーウェイプランというものがあるようでしたが、担当の営業の方からはその案内はなく、実費で点検を受けてくださいと言われました。なお、1年点検+オイル交換、部品交換なしで6万円くらいではないかとのお話しでした。

 

購入費用についてまとめると、車両本体価格+付属品+法定諸費用+手数料になりまして、トータルで車両本体価格より約42万円のプラスになりました。

 

今回の購入にあたって、維持費や手数料が国産車よりかかると想定し、車両本体は高望みしないようにしました。

 

少し長くなってしまいましたが、興味がある方の参考になれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました