【温泉】【日光】日光山温泉寺

温泉

写真素材 PIXTA

 

今回も温泉レポートです。栃木県日光市湯本にあります日光山温泉寺に行って参りました。平日の朝一番に立ち寄ったのですが、後から続々とお客さんがやってきていました。

 

 アクセス

 

 

〒321-1662 栃木県日光市湯元

TEL;0288-62-2531

営業時間;8時〜17時(受付16時半まで)

料金;大人500円、4歳〜小学生300円

営業期間;4月くらい〜11月下旬くらい(詳しくは下記HP参照)

泉質;硫化水素泉

公式HP;https://www.rinnoji.or.jp/temple/onsenji/

 お寺なのに温泉が?

 

 

日光山温泉寺はかの有名な日光山輪王寺の別院です。「健康増進・延命長寿」のご利益があるそうですが、敷地内に温泉があり、お参りだけでなく入浴もできるようになっています。

 

 

日帰り入浴の場合も敷地内に乗り入れて問題ないようです。車で砂利道を進むと本堂まで辿り着けます。舗装されてはいないですが、駐車場も広いです。

 インターホンを鳴らして受付

 

 

写真を撮り忘れてしまったのですが、入浴希望の方は呼び鈴を押してくださいとのことでした。個人的にはチーンと鳴るベルを想像していたのですが(笑)、玄関にある普通のインターホンを鳴らしてお寺の方を呼び出すようです。中に入るとお寺のお婆さんが出迎えてくれました。直接500円を渡して浴室へ向かいます。

 

 浴室へ

 

 

中を進むとこのようになっています。

 

 

薬師湯と書いてあります。湯本温泉の硫黄泉を引いており、温度は熱めなので加水をすることがあるようです。

 

 

 

 脱衣所

 

 

 

脱衣所は綺麗に保てれていました。ドライヤーは設置されていませんでした。

 

 浴室

 

 

 

 

お湯は乳白色?エメラルドグリーン?のような色で白濁しており、独特の硫黄臭が気分を高まらせてくれます。浴槽は同時に入れるのは2人くらいまででしょうか。洗い場もありますが、石鹸類は置いていないため、かけ湯のみのケースが多いと思われます。

 

 入浴後はひと休み

 

 

 

 

入浴後は菓子のサービスがあり、休憩室でひと休みすることができます。ちなみに菓子は渡される訳ではなく、テーブルに領収書と一緒に置いてあり、セルフで持っていくスタイルでした。

 まとめ

 

日光山温泉寺は日光湯本温泉の一角にあり、参拝だけでなくリーズナブルに入浴も楽しめるパワースポットになっています。奥日光方面に立ち寄った際はぜひ伺ってみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました