【Lightroom】基本補正パネルの使用方法

Lightroom

写真素材 PIXTA

基本補正パネルのパラメーター

 

 

主に「色調」、「階調」、「外観」セクションに分かれています。

 

プロファイル;補正前の基準を設定します。「ピクチャースタイル」、「ピクチャーコントロール」と同様のものになります。

 

 

 

色温度;写真全体の色味の補正をします。スライダーを動かすことで青〜オレンジに色味が変化します。

 

色かぶり補正;何らかの原因により撮影した画像に起きた色かぶりを除去します。G(グリーン)、M(マゼンタ)の要素を調整することで偏った色を補正します。最近のカメラは優秀なので、下手にいじらない方がいいケースが多いと思います。

 

露光量;画像全体の明るさを設定します。撮影段階でベストな露出(明るさ)に決めるのが理想ですが、Lightroomでは後から補正することができます。数値1.00で絞り1段分に対応します。

 

コントラスト;画像の明暗差を調整します。プラス方向に振ると明暗差が強くなり、マイナス方向に振ると明暗差が弱く、フラットになります。

 

ハイライト;画像の明るい領域を補正します。スライダーを右に動かすとハイライトがより明るくなり、左に動かすとハイライトが暗くなり、ディテールが出やすくなります。

 

シャドウ;画像の暗い領域を補正します。スライダーを右に動かすとシャドウが明るくなり暗部のディテールが出てきます。スライダーを左に動かすとシャドウがより暗くなります。

 

白レベル;白レベルはハイエストライト、スペキュラハイライトなどとも呼ばれ、画像の最も明るい部分を指しています。白レベルのスライダーを右に動かすと最も明るい部分がさらに明るくなり明暗差を強調できます。スライダーを左に動かすと、最も明るい部分のディテールが出やすくなります。ただし、白とびしている部分の復活は難しいかも知れません。通常はスライダーを右に動かしてより明るくするケースが多いと思います。

 

 

黒レベル;黒レベルは画像の最も暗い部分で、補正結果は白レベルと反対になります。スライダーを右に動かすと最も暗い部分が明るくなります。うまくいけば黒つぶれを救済できるケースもあります。スライダーを左に動かすと最も暗い部分がさらに暗くなり明暗差が強調されます。

 

 

テクスチャ;肌、樹木などのディテールを調整します。プラス補正でディテール強調、マイナス補正で滑らかになります。

 

明瞭度;画像の輪郭を強調したり、ソフトにします。スライダーをプラスに動かすと輪郭強調、マイナスに動かすと輪郭がソフトになります。ポートレートなどでは明瞭度をマイナスにすると肌が美しくなりますが、やりすぎは不自然となります。明瞭度をプラスにした場合、コントラストも高くなります。明瞭度は中間調に作用する、という点が通常のコントラスト補正と異なるポイントになるようです。

 

かすみの除去;写真のかすみや、もやの量を調整できます。プラスに補正するとかすみが除去されていくので、特に悪天候時の写真など大変有用です。反対にマイナスに補正するとふんわりした印象にすることができます。

 

自然な彩度、彩度;画像の鮮やかさを補正します。スライダーを動かすことで鮮やかさを強めたり、弱めたりすることができます。彩度は全色を補正しますが、自然な彩度は中間色を補正するため人物の肌色などは彩度を抑えつつ他の部分の彩度を上げることができます。「自然な彩度」スライダーはLightroomならではの機能なので活用していただきたいところです。

 

まとめ

 

Lightroomの基本補正パネルはかなり多機能であり、これだけでレタッチが完結すると言っても過言ではないと思います。「色調」で自由な色彩表現をし、「階調」で光のコントロール、「外観」でより繊細な表現につなげてみてください。

 

 

タイトルとURLをコピーしました