【Photoshop】カラールックアップでLUT(Look Up Table)を適用する

Photoshop

写真素材 PIXTA

LUT(Look Up Table)とは

 

LUT(Look Up Table)とは色味を補正するプリセットになります。Instagramのフィルター、 Lightroomのプリセットなどと同様と考えていただいて結構かと思います。カラールックアップではLUT(Look Up Table)ファイルを用いることで色味を補正することができます。あまり聞きなれない機能ではあるかと思いますが、レタッチの幅を広げてくれると感じています。なお、LUTと表記して「ラット」と読むのが通例のようです。

 

カラールックアップでLUT(Look Up Table)を適用する方法

 

カラールックアップの起動

 

 

 

「レイヤー」→「新規調整レイヤー」→「カラールックアップ」

 

3D LUTファイルを読み込む

 

 

 

使用方法はとても簡単です。「3D LUTファイル」をクリックすることでプルダウンメニューが現れるのでお好みのプリセットを選択してください。これらプリセットは拡張子(look、cube、3dl…)を持つデータファイルであるため、LUT(Look Up Table)ファイルを購入や作成して画像に適用することもできます。

 

使用例

 

いくつかサンプルをあげてみます。LUT(Look Up Table)ファイル名からもわかるかも知れませんが、映画やフィルムの色調、カラースキーム(Color Scheme)を意識しているものが多いようです。

 

2Strip.look

 

Candlelight.CUBE

 

filmstock_50.3dl

 

Fuji ETERNA 250D Kodak 2395(by Adobe).cube

 

TealOrangePlusContrast

 

レイヤーの不透明度で効果の調整が可能

 

 

「カラールックアップ」は調整レイヤーとして変更を加えるので、レイヤーの不透明度を変更することで効果を調整することができます。

 

LUT(Look Up Table)ファイルの新規作成も可能

 

LUT(Look Up Table)ファイルは拡張子を持つデータファイルであり、オリジナルデータを作成することも可能です。詳細は別記事で紹介したいと考えています。

 

まとめ

 

カラールックアップでLUT(Look Up Table)を適用することで、簡単にプリセットをかけることが可能になります。 デフォルトでも映画、フィルム調のものが多くオリジナルLUT(Look Up Table)ファイルの作成もできるので作品づくりに活用してみてください。

タイトルとURLをコピーしました