【Photoshop】彩度を抑えてコントラストを上げる方法(レイヤーブレンドモード)

Photoshop

写真素材 PIXTA

彩度を抑えてコントラストを上げる方法

 

コントラストを上げることで画像の明暗差が強調されメリハリが出ます。しかし、コントラストを上げることにより彩度(鮮やかさ)が上がってしまいくどい印象になってしまう場合があります。彩度を抑えてコントラストを上げる方法はいくつかあります。彩度をキープすることですっきりとまとめることができると思います。

 

Labカラーモードの使用
レイヤーのブレンド(描画)モードを「輝度」にする
白黒画像を重ねる

 

 

ブレンド(描画)モードとは

 

 

ブレンド(描画)モードとは、下のレイヤー画像に効果を加えるモードになります。デフォルトでは「通常」になっており、特別な効果はかかっていない状態ですが、ブレンド(描画)モードを変更することで、明部(あるいは暗部)のみ強調したり様々な効果を加えることが可能になります。ブレンド(描画)モードを「輝度」にすると、下のレイヤー画像に明度補正だけかかり彩度を抑えることができます。また、効果が強い場合は「不透明度」で補正量を変更したり、ブレンド(描画)モードの変更も簡単にできるので試してみるのがわかりやすいかと思います。

 

レイヤーのブレンド(描画)モードを「輝度」にして彩度を上げずにコントラストを上げる

 

レイヤーのブレンド(描画)モードを「通常」にしてコントラストを上げた画像
レイヤーのブレンド(描画)モードを「通常」にしてコントラストを上げた画像
レイヤーのブレンド(描画)モードを輝度にすることで彩度が抑えられているのがわかるかと思います。

新規トーンカーブレイヤーの作成

 

 

「レイヤー」→「新規調整レイヤー」→「トーンカーブ」で新規トーンカーブレイヤーを作成します。調整レイヤーであればトーンカーブでなくても構いません。

 

コントラストを上げる

トーンカーブを調整し、コントラストを上げます。

レイヤーのブレンド(描画)モードを「輝度」にする

 

 

 

レイヤーのブレンド(描画)モードを「輝度」にして完成となります。

 

まとめ

 

あまり頻繁に使用するテクニックではないですが、トーンカーブ含む調整レイヤーで補正をかける際に便利な場合もあります。また、色味の補正に困っている方などにもぜひ使用して頂きたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました