【 Lightroom】画像読み込み時の初期設定を変更する

Lightroom

写真素材 PIXTA

画像読み込み時の初期設定を変更する方法

 

Lightroomで現像する際に決まって補正をかける項目がある場合、デフォルトで補正がかかった状態にすることが可能です。現像毎に同じ補正をかけなくてすむので効率的かと思います。

 

読み込み済みの画像を開き、現像モジュールに移動

 

 

既に読み込んである画像を開き(何でもよいです)、現像モジュールに移動します。初期設定を変更するには読み込み時の画像に補正をかけて、その状態を記録しておくようなイメージになります。次回読み込み時より反映されます。ただし、カメラごとに登録できるようなので登録したいカメラで撮影した画像を選択してください。

 

初期設定として登録したい項目に補正をかける

 

 

現像モジュールにて、初期設定として登録しておきたい項目のみ補正をかけます。あらかじめ読み込み済みの画像から設定する場合は1度初期化(現像モジュール右下)した方がやりやすいと思います。

 

おすすめはAdobeプロファイル、シャープ、ノイズ軽減、プロファイル補正

 

 

 

 

個人的なおすすめの初期設定項目は、Adobeプロファイル、シャープ、ノイズ軽減、プロファイル補正になります。もちろんこれ以外の項目も必要に応じて設定して問題ないかと思います。

 

icon-check-circle Adobeプロファイル;Adobeデフォルト設定からプロファイルを選択できます。私の場合、レタッチ耐性が高いニュートラルに設定しています。

icon-check-circle シャープ;シャープもほぼ全ての画像にかけているので初期設定として登録しておきます。シャープをかけたくない場合は現像時に変更するような形をとっています。

icon-check-circle ノイズ軽減;私はノイズ軽減は状況に応じて変更しているのですが、毎回かけるような場合あらかじめ設定しておくとよいかも知れません。

icon-check-circle プロファイル補正;プロファイル補正は「色収差」、「プロファイル補正を使用」にチェックを入れています。レンズによる歪みや周辺光量低下を自動で補正してくれるため便利です。

 

現像モジュールで「option(WindowsではAlt)」を押しながら「初期設定」をクリック

 

 

現像モジュールで「option(WindowsではAlt)」を押すと、「初期化」のボタンが「初期設定」に変わりますのでキーを押したまま「初期設定」をクリックします。

 

 

「現在の設定に更新」を選択することで、次回読み込み時より反映されます。設定を誤ってしまった場合は「Adobeの初期設定に戻す」ことも可能です。

 

カメラごとに設定可能

 

 

まとめ

 

画像読み込み時の初期設定を変更することで効率UPに繋がると思います。登録方法も簡単ですのでぜひ試してみてください。

タイトルとURLをコピーしました